学習と健康・成長

中学受験期に漫画はNG? 教育と漫画の専門家が語る「子どもと漫画のかかわり方」

2021.04.12

author
藤堂 真衣
Main Image

中学受験に向けて「やるぞ!」と意気込んだものの、ふと子どもを見ると漫画やアニメ、ゲームに夢中……。漫画を読むのは我慢させるべきか、学習に効果のある漫画はどんなものか、一体どう付き合えばいいのか。こうした保護者の気になるポイントについて、教育評論家・石田勝紀先生と、漫画研究者・吉村和真先生に対談形式でお聞きしました。

細川貂々プロフィール

話を聞いた人

石田勝紀さん

教育評論家

(いしだ・かつのり)1968年、神奈川県生まれ。20歳で学習塾を創業し、4000人以上の生徒を指導。講演会やセミナーを通して5万人以上を指導してきた経歴をもつ。2016年より教育に悩む保護者を対象にした「Mama Café(ママカフェ)」を主宰し、多数の保護者とコミュニケーションをとりながら教育にまつわるアドバイスにあたる。著書に「子どもの自己肯定感を高める10の魔法のことば」(集英社)など多数。

吉村和真プロフィール

話を聞いた人

吉村和真さん

京都精華大学 マンガ学部教授

(よしむら・かずま)1971年、福岡県生まれ。立命館大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、京都精華大学マンガ学部教授で専務理事でもある。同大学国際マンガ研究センター長や日本マンガ学会理事などを歴任。京都国際マンガミュージアムの設立に尽力した。専攻は思想史・漫画研究。著書に「マンガの教科書」(臨川書店)など。中学3年生の息子と中学1年生の娘の父親。

子どもと漫画は切り離せない関係にある


――今、中学受験に向き合う保護者の間では漫画はどのような存在として受け止められているのでしょう?

石田勝紀さん(以下、石田):意外かもしれませんが、私が保護者の方から受ける相談の中心はゲーム、中学生になるとスマホ利用にまつわる内容が圧倒的に多く、漫画の悩みは皆無なんです。

――意外です! 昔だと「漫画なんて読んでいないで勉強しなさい」と言う大人も多かった気がしますが、今はゲームやスマホという心配ごともあるんですね。

漫画対談

吉村和真さん(以下、吉村):「紙の本」で漫画を読んでいるのだとしたら、物質として目に見えるため、不安を感じにくいのかもしれません。対して、ゲームの世界は見えにくいので不安を感じやすいのではないでしょうか。

ここでキーワードになるのは「キャラクター」だと考えています。今の子どもたちは漫画やアニメ、ゲームをあまり区別せず、「魅力的なキャラクターが活躍するコンテンツ」として浴びるように見ているんです。

――例えば、「ONE PIECE」のルフィや「ドラゴンボール」シリーズの孫悟空みたいなキャラクターですね。

吉村:そうです。例えば、日本の赤ちゃんが必ずといっていいほど「アンパンマン」や「ドラえもん」に出会うように、日本で暮らす限りキャラクターとの出会いは避けられません。その結果、いくら親が遠ざけても、人生のどこかで必然的に漫画と出会ってしまうんですよ(笑)。それなら、今回のテーマにあるような少しでも学習効果のある漫画を……と考えたくなるのも納得ですよね。

――漫画がもつ学習効果とはどのようなものなのでしょうか。

石田:漫画を読むうちに自然と身につくのは、「読解力」ですね。国語の授業などで文章を読むとき、字面だけを追ってしまい中身を理解できない子と、そうでない子がいます。その違いは“抽象化”ができるかどうかなんです。

――抽象化?

石田:漫画にはストーリーがあり、キャラクターのいろんな行動が描かれていますよね。読んでいくうちに「自分と同じ経験をしている」「教科書に似た展開の物語がある」などの共通点に気づき、どんどん概念を抽象化できるようになります。そのうちに読解力が鍛えられ、「この人物はなぜこうしたのか」「この出来事が起きた背景は何なのか」まで想像しながら読めるようになっていくんです。

――その力は、漫画を読んでいれば自然に身につくものなんですか?

石田:周囲の大人の「問いかけ」が大切です。例えば、「なぜこの人はこうしたのかな?」、「この漫画はどんなところがおもしろかった?」などを尋ねると、子どもは考え始めます。

吉村:とてもよくわかります。しかも、関心のあるものほど積極的に考えられるんですよね。教科書は苦手な子でも、漫画ならとても感受性豊かに読めるという話は決して珍しくないと思います。誰でも、好きなものに対してはすごく没頭できるし、能動的になれる。その扉がどこで開くのかは、勉強でも重要なポイントだと感じます。

石田:私の塾に「三国志」(横山光輝)を置いたところ、生徒たちにも人気で「歴史が好き、楽しい」という声が聞こえるようにもなりました。この気持ちこそが学びの源泉だと思うんです。あと、実は私の息子は漫画やアニメがとても好きで。「教科書を声優さんが読んでくれたらもっとちゃんと聞くのに」なんて言っていました(笑)。

吉村:なるほど(笑)。学習ドリルでも、漫画やアニメのキャラクターが登場するものがたくさんありますからね。

三国志 1 桃園の誓い (潮漫画文庫)
著者:横山 光輝
潮出版社
価格:713円

新着記事