いまこそ、医学部

「最後まで粘り強く」「根拠の無い自信が大切」… 医学部合格者の声(学校推薦型選抜編)

2021.04.07

author
庄村 敦子
author
山下 知子
Main Image

新型コロナウイルスの感染拡大で学校が休校になるなど、困難な中での受験となった2021年度医学部入試。その中で合格通知をつかんだ、合格者たちの声をお届けします。

石畝敬さん 桐朋高(東京)→東京医科大

石畝敬さん

中学3年の時に、修学旅行で東北へ行きました。震災学習を通じ、災害医療や救急医療の重要性を知り、医師を目指そうと思いました。高校2年の時の入院も医師を目指す大きな理由になりました。野球部の活動中にボールが頭にぶつかり、脳出血を起こして1週間入院したんです。いったん帰宅したのですが、すごく頭が痛くて、近くのクリニックに行ったら救急搬送。そこで医師と話し、脳が人間の体に及ぼしているダイナミックさを知りました。また、自分は将来何をしたいのかをじっくり考えられ、医師への思いを強くしました。

野球部の方針が「文武両道」だったので、部活動も一生懸命やりました。新型コロナウイルスの感染拡大で休校だった時は、夏の大会をやるのかやらないのかが気になってしまい、勉強に関しては不安だらけでした。ただ、学校の成績は落とさない気持ちで、「とにかく毎日勉強する」ということは決めて実行しました。1時間しか取れない日もありましたが、そんな時は集中して密度を濃くすることを心がけました。

模試では、数学の点数がなかなか安定しませんでした。「解き方だけでなく、時間配分も大事だ」との塾の先生の助言とともに、点の取れるところを確実に取る、そして取れるところを広げていくイメージで取り組みました。

コロナ禍で、医療の話題が増えました。苦しい中でも踏ん張って治療にあたる医師の姿を見て、自分自身もそんな仕事をしたいとポジティブに受け止めました。

学校推薦型選抜一般公募では、野球と勉強を粘り強く頑張ってきたことをアピールしました。いま、やっぱりこう思います。「最後まで粘り強く頑張った人が合格する!」

幸田悠希さん 甲陽学院高(兵庫)→大阪大医学部

幸田悠希さん

高校2年の夏休みに、大阪大学病院で実施された「早期医療体験プログラム」に参加しました。心臓血管外科の澤芳樹教授が中心となった4日間のプログラムで、心臓手術の見学をしたり、人工心臓をつけて心臓移植を待っている患者さんと対談したりしました。最も心に残ったのが、心臓病の治療のため、iPS細胞から作った心筋シートの研究や製造の様子の見学です。再生医療の研究を行いつつ、その成果を臨床的に応用することができるような医師になりたいと思っています。

受験勉強では、根拠の無い自信が大切だと思っています。「このままだと受からないかもしれないからもっと勉強しよう」という考え方ではなく、「絶対に受かる」という根拠の無い自信や余裕をもって勉強することで、受験勉強は「他人と焦りあいながらの闘い」から「自分との闘い」に変化するのではないのでしょうか。この二つの「闘い」それぞれから受けるプレッシャーの大きさは全く違います。受験はいかに自分への心身の負担を減らすかにかかっています。ちょっとした意識の違いで心理的な負担を減らすことができるので、試してみるといいと思います。

その上で、他人の勉強時間に惑わされず、自分が続けられる時間を設定することが大切です。人によって勉強効率が違うため、「○時間勉強した」は関係ありません。私は学校がある時は1日3時間、ない時は1日7~8時間を目安に勉強していました。勉強はあくまで質(+量)>時間です。

無駄に我慢しないことも大事です。受験生とはいえ、ずっと集中して勉強するのは無理。どこかで集中力が切れて効率の悪い勉強をしているタイミングがあるはずで、自分の趣味の時間を少し入れると、ストレス解消になる上、切り替える力がつき、より短時間で一気に集中して効率的に勉強ができるようになります。私も釣りやゲームなどの自分の趣味の時間を欠かさず取っていました。

また、「毎日コツコツ全教科勉強する」という方法は、自己管理能力が他の人と比べて卓越していて一日中勉強することが出来るような人でないと真価を発揮しません。さらに、スケジュールの組み方に失敗してしまった時のダメージがあまりにも大きすぎます。私は1教科をその時その時に集中的に勉強するという形を取っていました。そうすることで、1教科を確実に究めることができていることが保証されるため、安心感が得られます。そして、残された時間をより効率的に使おうとするので、残りの教科も非常に効率良く勉強することができると思っています。

新着記事