知りたい 聞きたい キーパーソンに問う

大学入試センター・荒井克弘客員教授「共通テストの作問体制は抜本的に変わった」

2021.04.30

author
中村 正史
Main Image

「学力の3要素」を改革の柱に実施された最初の大学入学共通テストは、問題形式が大きく変わったにもかかわらず、平均点は意外に高い結果に終わりました。思考力より、読解力や情報処理能力を問われたという声も高校現場などから聞かれます。大学入試センター試験の問題作成にかかわってきた荒井克弘・大学入試センター客員教授は、試験の性格が本質的に変わったことを指摘します。(写真は初めての共通テストに望む受験生)

「高度な試験」のイメージで国民の目をごまかした

――今回の入試改革は、安倍内閣の教育再生実行会議から中教審の高大接続特別部会を舞台に、政治的な要素が強かったと思います。現場の文部官僚は上から話が降ってきて無理筋であることはわかっていたと思いますが、幹部は別の思惑があったのかもしれません。

「1点刻みからの脱却」、「一発勝負からの解放」、さらには「知識偏重から思考力重視」など、新聞の見出しを埋めるスローガンには事欠きませんでしたが、国民を納得させ、期待を沸き立たせるようなものはありませんでした。今回の改革の欠陥は、大義名分を欠き、誰のための改革なのかさえ、はっきりしないことです。

文科省は共通テストの主導権を牛耳ることには成功したのでしょうが、次に何をしようとするのか、不明です。この共通テスト騒動で国民からの不審が大いに高まったことは否定できません。

――基礎学力テストが議論の途中で消えたのも大きな問題です。大学進学者でも、一般選抜を受験するのは半数しかいません。基礎学力テストのほうが重要な課題だったのではないですか。

基礎学力テストの構想は、高大接続システム改革会議の最終報告の段階で消えました。なぜ消えたかは不明です。代わりに「高校生のための学びの基礎診断」が追加されましたが、体裁を繕っただけの別物です。

共通テストを受験するのは、大学・短大進学を志願する現役生の4割ほどです。高校教育全体でいえば、残り6割の生徒たちの学力問題が放置されている状態です。なぜ、基礎学力テストを構想から消してしまったのか、明らかにする必要があります(図参照)。

共通システムによる高大接続

――共通テストはセンター試験で測れなかったものを測る「高度な試験」と思われてきました。

センター試験は知識・技能中心の試験で、「思考力・判断力・表現力等」を測れるようなテストに変えなければならないと、高大接続答申には書いてあります。より高次の試験の開発を要求されている、と誰しも思ったことでしょう。ところが、どうもそういうことではありませんでした。すでに第1回の共通テストを見たわれわれとしては、疑問は深まるばかりです。試験の出来が悪かったとは思いません。「高度な試験」のイメージを過剰に膨らませて、国民の目をごまかした政策担当者の責任が問われます。

――高大接続改革はどうあるべきでしょうか。

何より、高大接続の現状をしっかり知ることが大切です。思いつきのような観念的な施策を振り回すのではなく、もっと現実に近いところから慎重に検討を積み上げていく努力が必要でしょう。目的は「改革」することではなく、少しでも問題を解決することです。

新着記事