腕試しforフィフティーン

問題【数学】りんごの個数

2021.06.07

Main Image

40都道府県から生徒が集う西日本有数の予備校・高松高等予備校と朝日新聞が、高校受験に役立つページを用意しました。各教科の問題と解答はもちろん、各問についての解説も充実していて、手応えはバツグン。保護者の皆さんも中学生向けと侮らず、ぜひお子さんとチャレンジしてみてください。

問題 ある日、太郎さんと花子さんは数学の授業で、次の文章問題について考えることになった。

箱の中のりんごを何人かの子どもに配るのに、1人に4個ずつ配ると3個足りないが、1人に3個ずつ配ると11個余る。このとき、箱の中のりんごの個数を求めよ。

以下の会話文は、太郎さん、花子さんおよび先生の3人が、この問題の解き方について話したものである。

先生:太郎さん、花子さんはどのようにして求めますか?

太郎:はい。子どもの人数を x 人とし、りんごの個数について方程式をつくると、( ア ) となります。

先生:その通りです。ただし、このときの x の値は問題の答えではないので注意しないといけませんね。

花子:先生、箱の中のりんごの個数を x 個として方程式をつくることはできませんか?

先生:確かに、それでも求めることができますよ。このとき、どんな方程式になりますか?

花子:はい。子どもの人数に注目することで、 ( イ )/4( ウ )/3 という方程式をつくることができます。

先生:その通りです、よく分かりましたね。

次の(1)、(2)の問いに答えなさい。

(1) 会話文中のア~ウにあてはまる式を答えよ。

(2) 太郎さんまたは花子さんいずれかの考え方に従い、箱の中のりんごの個数を求めよ。

新着記事