新しい英語の学び方

「小学英語の変化」文部科学省の英語専門家に聞く 狙いは? 中学英語との違いは?

2021.06.17

author
斉藤 純江
Main Image

2020年度から小学5、6年生で外国語(英語)が教科になり、国語などと同様の評価の対象になりました。中学校で学ぶ英語とはどう違うのでしょう。文部科学省初等中等教育局の視学官として、全国の学校に英語の指導法を助言・指導している直山木綿子さんに聞きました。(写真は各社の小学5、6年生向けの英語の教科書)。

3、4年生は音声中心の「外国語活動」が始まる

5、6年生はこれまでは、教科ではない「外国語活動」という形で英語に慣れ親しみ、コミュニケーションの素地を培ってきました。教科になったことで教科書を使って学習内容の定着が図られることになり、数値などによる評価の対象になります。また、定着が図られることで、子どもは「これができるようになった」と実感できるので、学ぶ意欲が高まり、中学の英語へとスムーズに移行できるという効果が期待できます。

5、6年生の教科化と同時に、3、4年生では「外国語活動」が始まりました。こちらは4技能のうち「聞く」「話す」という音声中心の学習です。教科ではないので教科書はありませんが、文科省が発行する「Let’s Try!」という教材を使う学校が多くあります。

グローバル化の進展で、子どもたちが大人になるころには、各国の人と仕事をする機会はますます増えます。新型コロナウイルスのような感染症や環境問題など地球規模の課題も増えるでしょう。英語という世界共通の言語を使えることの重要性は高まる一方で、小学生の段階から英語を使ってコミュニケーションを体験することは、子どもたちの将来にとって欠かせないのです。

新着記事