新しい英語の学び方

小学英語、家庭での勉強法は? 教科書のQRコードにスマホをかざしてみよう

2021.06.18

author
斉藤 純江
Main Image

2020年度から小学5、6年生で外国語(英語)が教科になり、国語などと同様の評価の対象になりました。親世代の多くは小学校で英語を学んだ経験がありませんが、子どもたちの家庭での学びをどのように支えればいいのでしょう。幼児・児童の英語学習に詳しい青山学院大のアレン玉井光江教授に聞きました。

アレン玉井光江

話を聞いた人

アレン玉井光江さん

青山学院大学教授

あれん・たまい・みつえ 青山学院大学文学部教授、教育学博士。長年現場で幼児・児童英語教育に携わる。日本児童英語教育学会(JASTEC)理事。主な著書に「小学校英語の文字指導―リタラシー指導の理論と実践」(東京書籍)など。

小学英語、家庭での勉強法は? 教科書のQRコードにスマホをかざしてみよう

英語は一昔前までは一部の人が身につければいい「おしゃれ着」でしたが、いまは持っていなければ選択肢が狭まってしまう「仕事着」になったと言えます。小学校で英語が教科になったということは、いまの子どもにとって英語は不可欠で、大人になったときに使えることが前提になったということです。小学生の親世代であれば、英語が仕事着だということはすでに肌感覚で知っているのではないでしょうか。

英語の家庭学習といっても、難しいことをする必要はありません。まずは、身近にある子どもの英語の教科書を開くことから始めてみましょう。

ページの隅にQRコードがついていませんか? スマートフォンやタブレット端末をかざしてリンクをタップすれば、教科書の内容に沿った音声や音楽、動画が流れてきます。長めのインタビューなど、大人が聞いておもしろいものもあるので、親子で楽しんでみてください。

新着記事