新しい英語の学び方

「使える英語」授業ルポ③筑波大付属小・荒井和枝先生 練習繰り返し知識の定着目指す

2021.06.28

author
斉藤 純江
Main Image

先生に続いて英文を音読し、書き写して逐語訳。そんな授業を受けた保護者も多いのではないでしょうか。 最近の授業は、ちょっと様子が違っています。小中高校で「使える英語」の授業に取り組む先生の授業を全3回で紹介します。最終回は2020年度から教科になった小学校の外国語(英語)です。筑波大付属小、荒井和枝先生の授業を紹介します。(写真は荒井先生の授業風景=荒井先生提供)。

英語を通して世界を知り、学習意欲をはぐくむ

小学5、6年生は昨年から、英語に親しむことが狙いの「外国語活動」に代わり、教科の「外国語科(英語)」が始まった。教科では知識の定着が求められるため、荒井先生も授業の最後は、全教科名を確認し練習した。文字が書けることも求められるので、小文字を書き写す練習もした。荒井先生は「教科なので、語彙(ごい)や表現の習得を目指しますし、評価もします。でも、英語を好きになってほしいという思いは変わりません。英語を通して世界を知り、学習意欲をはぐくんでほしいと思っています」と話す。

新着記事