学習と健康・成長

いま求められる探究する力とは? 「こども商品開発」で主体性を育む『キッズM』に聞く

2021.07.28

author
小林 香織
Main Image

2022年度から高校で新設される科目「総合的な探究の時間」。これは変化する社会において「生き抜く力」を身に付けるのが目的とされています。「商品開発」のプロセスを通じて、小学生から探究心を養うことを目指すキャリア教育の教室「キッズM」に、求められる具体的なスキルと家庭での育み方を聞きました。

家庭で「探究する力」を養うためにできること

――家庭で「探究する力」を育むには、どんな実践が考えられますか?

(熊本)商品開発のプログラムを通して、飛躍的に探究心が伸びた子どもに共通していたのが「幅広い体験をしていること」と「好きなことをとことんやった経験があること」でした。さまざまな体験をすると体験から得た知識が引き出しとなり、発想力が豊かになるようです。興味を持ったことにとことん取り組んだ子も、探究心が際立っていました。好きなことを試行錯誤しながら取り組むことは探究のプロセスと似ていて、「できた!」という達成感・満足感から探究する意欲が芽生えるのだと思います。

習い事でも、旅行でも、イベントでも、料理でも、博物館でも何でもいいので、幅広い体験をする機会をつくり、子ども自身が「これをやってみたい!」と感じたことを掘り下げてやってみるのが良いと思います。

――夏休みなどの長期休みに、じっくりと挑戦できることはありますか?

(熊本)親子で身近な課題解決にチャレンジしてみるのは、どうでしょうか。予算を決めて部屋を模様替えする、置き場所に困っているものを片付ける方法を考えるなど。課題を設定して情報を収集、解決策を考え、実行する。その過程をレポートにまとめれば自由研究にもなりますよね。

コンクールへの応募もおすすめです。「SDGs全国子どもポスターコンクール」やホンダが実施している「子どもアイディアコンテスト」は、ちょうど夏休み期間に実施されています。後者は本格的なプレゼンテーションも含まれ、良い刺激になると思います。

――子どもたちが探究心を身に付けるために、保護者が意識すると良いことを教えてください。

(熊本)子どもの可能性を信じて、極力手を出さない姿勢が大事だと思います。どんなにハードルが高く見えても、無理だと思わないでほしい。商品開発に参加した子どものなかには、大人向けのビジネスコンテストに自ら出場し、最終選考に残り仮採用になっている子もいます。保護者が子どもの可能性を信じて、その道程を子どもと一緒に楽しむことができたから、このような結果につながったのでしょう。

そして、もう1つ、子どものやることに矛盾が生じたり、失敗しそうに見えたりしても、手を出さずに耐えてほしい。小学生の保護者には、黙って見ていられずに手を貸してしまう方もいるのですが、それでは子どもの探究心が育ちません。子どもが悩んだとき一緒に考えることは必要ですが、答えは示さずに、暖かく見守ることで探究心は飛躍的に伸びていきます。

――実践を通じて得た学びを「どのように社会・世界と関わり、 よりよい人生を送るか」といった「生き方」や「キャリア形成」につなげるには、どんなことが必要でしょうか?

(野垣)自分の好き・嫌い、得意・不得意を子どもが認識できるまで、さまざまな体験を積み重ねていくと良いのかなと思います。自分の強みが見つかると、子どもは自らどんどん探究して行動するようになります。そういった意欲が、将来の生き方を考えることにつながるのではないでしょうか。

(熊本)社会・世界とのつながりを意識するには、日常的に社会課題に触れると良いですよね。探究心が育っている子どもは、社会課題に出会うと「どうしたら解決できるだろう」と自ら考えることができます。さらに、何かをやりきった経験により自信を身に付けていくと、「自分が貢献することで課題を解決できる」と思えるようになり、将来のキャリア形成につながると思います。

(写真提供:キッズM、編集:野阪拓海/ノオト)

新着記事