「探究」で高大接続

ベネッセ・木村治生さん「高校での学び方が大学での学習時間を左右」

2021.08.03

author
中村 正史
Main Image

高大接続の一番の問題点は、高校までの学びが、大学での学びにつながっていないことです。日本の大学生の勉強時間は海外の大学に比べて極めて少ないことも知られています。そもそも高校と大学は何を、どのように接続すべきなのでしょうか。大学生の学習時間に影響する要因や、入試方式と大学での学びとの関連を調査したベネッセ教育総合研究所主席研究員で東京大学客員教授の木村治生さんに聞きました。(写真は、グループで話し合いながら教科を学ぶ高校生)

入試に教育的な機能を

――一方で、高校と大学は目的や教育課程が異なります。高校で探究に熱心だった生徒が大学に入って授業がつまらず、失望するという話も聞きます。

課題探究やスーパーサイエンスハイスクール(SSH)などで実践されている学びは、自分の興味・関心に根ざしながら、いろんなアプローチでその課題を深めていくことにつながり、大学のゼミとの親和性が高いです。高校でそうした学びをどこまで経験するかが重要で、それは大学での主体的な学びにつながります。

確かに、高校で充実した探究活動を経験した場合、その熱量が大学でも続くかといえば、難しい面はあります。とくに初年次は教養教育を中心に講義形式の授業が多くなるので、大学の学びの目的や、専門に進むまでのステップを高校生に伝えないと、ミスマッチが起きる可能性はあります。大学の学びは、形式だけアクティブラーニングにすればいいのではなく、専門に進むうえでベースになる知識・技能を身につけなければならないことを伝えるべきです。そのうえで主体的、能動的な学びを高校から大学につなげて、大学もそのような学びを提供することが大事です。

――現状の入試は主体的な学びにはつながっていないようですが、どうあるべきですか。

入試は生徒を振り分けるという機能だけでなく、本来、教育的な意味を持っているはずです。入試を経由することで、高校生が自分は何を実現したいと思っているのか、大学で何を学ぶのかを考える機会になります。どういう入試を経由するかに意味があるはずです。しかし、丁寧な選抜には大学側の手間がかかり、また実現できるリソースがすべての大学にあるわけではありません。

一般入試は、特定の大学を除けば、第2、第3志望で入ってくる学生が多いです。推薦入試やAO入試はある程度、なぜ大学で学ぶのかが問われるので、レディネス(学修のための準備状態)を育てるうえで有効に働きます。難易度が低い大学でも、AO入試で入った学生が一般入試の学生に比べて、学びに対する構えがしっかりしている例もあります。推薦入試やAO入試が狙い通りの選抜ができるように、入試に教育的な機能を持たせ、大学の学びにつなげていくことは極めて重要な課題です。高校と大学の学びをしっかり接続するためにも、入試にリソースを割き、入試が持つ直接的な効果をもっと高めていく必要があると思います。

新着記事