コロナ禍2年目の学び

コロナに負けない高度な国際教育プログラム「ダブルヒーリックス」 巣鴨中高の挑戦

2021.09.16

author
市川 理香
Main Image

来夏は医療をテーマに

オンラインによる今回の試みは、システム運用などの面で手探り状態だったが、参加校の先生の協力に加え、生徒からも「ちょっとした操作方法などを生徒だけでやりとりできるクラスルームを作ってくれないか」と提案があるなど、学校の枠を超えた連携を生み出した。岡田教諭は「同じプロセスを踏んで言葉や知識を蓄えた者同士なので、オンラインだけのディスカッションでもかなり高度な内容になっていました。きちんとした知識の裏付けがあれば、高校生でも高い次元の分析ができたのです」と参加した生徒たちに賛辞を贈る。

DHは英語で講義やディスカッションが進められるため、帰国生や英検1級保持者が積極的に発言する傾向があった。そんななかで最終的に優秀者として表彰されたのは、英語力は突出していなくても勉強して丁寧に分析をした生徒だった。「きちんと資料が読める、それを伝える文章が書ける。流暢(りゅうちょう)さはそれからで十分。英語力だけでなく基礎学力をつけないと、世界で戦えないということがわかってもらえたのではないでしょうか」と岡田教諭。8月の夏休み中、「DHの後、学びに対する姿勢に何か変化がありましたか?」との問いかけに、生徒たちはこう答えている。

「DHが、学校の授業や他の国際プログラムと大きく違うと感じた点は、学びの意義と向き合う機会があったことです。私はこのプログラムに参加する以前、語句の暗記や目の前の問題を解くことに精いっぱいでした。このプログラムを経験し、自分がいま学んでいることと時事問題がどうつながっているのか、これを学ぶことで自分にどんな力が身につくのかを意識して、学習に取り組むことができていると思います」

「他校の方と課題に取り組み議論することで、私も見解が広がり、学びが楽しくなりました。物事を多面的に捉えることができるようになったと思います」

岡田教諭は、来夏、巣鴨で6日間程度のプログラムができないか、講師の候補を絞っている。テーマは「医療を志す日本の高校生や大学生のためのDH」だ。

新着記事