一色清の「このニュースって何?」

北朝鮮が新型ミサイルを試射 → 「貧しい軍事大国」になった理由を知ろう

2021.09.17

author
一色 清
Main Image

日々のニュースの中に「学び」のきっかけがあります。新聞を読みながら、テレビを見ながら、食卓やリビングでどう話しかけたら、わが子の知的好奇心にスイッチが入るでしょうか。ジャーナリストの一色清さんが毎週、保護者にヒントを教えます。(写真は、平壌で9日、建国73年を記念して金日成広場で行われた閲兵式で、隊員と観衆に答礼する金正恩朝鮮労働党総書記〈中央〉。朝鮮中央通信が配信した=朝鮮通信)

国民総所得は韓国の56分の1

北朝鮮の国営メディアは9月13日、新型の長距離巡航ミサイルの試射に成功したと伝えました。巡航ミサイルとは、翼とジェットエンジンで飛行機のように水平に飛ぶミサイルです。発射された巡航ミサイルは2時間6分かけて1500キロ先の標的に命中したそうです。北朝鮮から1500キロといえば、日本列島をほぼ射程におさめることになります。北朝鮮はすでに核爆弾を開発しており、ロケットのように高く打ち上げる弾道ミサイルの発射実験も頻繁にやってきました。

北朝鮮はとても貧しい国です。韓国銀行が発表した2020年の北朝鮮の国民総所得(GNI)は韓国の56分の1で、国民一人当たりGNIは韓国の27分の1です。世界でも極めて貧しい国の部類に入ります。しかし、世界でも保有国は少ない高性能のミサイルや核爆弾を持っています。北朝鮮は経済力と軍事力がとてもアンバランスな国です。北朝鮮がどうして「貧しい軍事大国」になったのか。その理由を知るためには、北朝鮮の歴史と地理の理解が必要です。

北朝鮮が軍事に力を入れる理由として忘れてならないのは、戦争が終わっていないということです。今から76年前、太平洋戦争で敗れた日本は無条件降伏しました。日本の植民地だった朝鮮半島は解放されましたが、すぐに戦勝国であるアメリカとソ連(今のロシアなど)の覇権争いが世界各地で始まりました。自由主義国の盟主であるアメリカと社会主義国の盟主であるソ連との体制をかけた争いです。朝鮮半島でも北にソ連の後押しを受けた朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)ができ、南にアメリカの後押しを受けた大韓民国(韓国)ができました。1950年、北朝鮮が国境線を越えて韓国に攻め込んできたことにより、朝鮮戦争が始まりました。北朝鮮には同じ社会主義国の中国も応援に入り、韓国にはアメリカ軍を中心とする国連軍が加わって戦いました。戦争は一進一退となり、53年に休戦協定が結ばれました。

ただ、これはあくまで「戦争を休む」協定であり、「戦争を終わりにする」協定ではありませんでした。このまま今に至っています。つまり、北朝鮮にとってはまだ戦時中であり、主要な敵国は今もアメリカになります。アメリカと対等になるには、核爆弾や高性能のミサイルを持つ必要があると考えているようです。もちろん冷静に見れば、北朝鮮が仕掛けることさえしなければ再びアメリカ軍に攻め込まれることなどないでしょうが、北朝鮮の独裁的指導者が国を治めるには、敵国がいたほうが都合がいいという事情もあると思います。

2018年と19年の2度行われた米朝首脳会談では、終戦協定を結ぶ可能性がありました。アメリカのトランプ大統領(当時)と北朝鮮の金正恩委員長(現・総書記)が、戦争が終わったことを確認しあい、北朝鮮が開かれた国になるのではないかと期待されました。しかし、互いの信頼感はそこまでなく、終戦とはなりませんでした。

新着記事