エデュアお悩み相談室

受験前の娘を支えたいのに小言が止まりません きょうこ先生「『行動』を変えましょう」

2021.10.15

author
安浪 京子
Main Image

ではどうすれば良いのか。ここは無理やり「感情」を抑えるのではなく「行動」を変えるのです。まず、テストは子どもの前で見ないようにしましょう。点数を見ると、反射的に生なまの感情が口をついて出てきてしまい、子どもにぶつけてしまいます。それを防ぐためには、復習テストであれ模試であれ、お子さんが寝てから、あるいは学校に行っている間に見るのです。

テストを見ると、どうしても「足りない部分」に目がいきがちですが、それは我が子の合格を願う親としては真っ当なこと。まずは「ここができていない」「ああ、どうしよう……」という気持ちを存分に吐き出してください。自分ひとりでどん底まで落ち込んだら、気を取り直して、次は「褒められる部分」を探します。つまり、自分の気持ちをだましたままで女優にはなれないということです。そして翌朝、あるいは子どもが帰宅してから、まずは褒め部分を伝えましょう。「もっとこうすれば」などのコメントは、その次です。

とはいえ、そう簡単にはうまくいかないもの。入試本番までに、数回でも「女優」になれたら御の字です!

教育や育児、受験のお悩みに、安浪さんら、子どもの学びや成長に詳しい筆者が交代でお答えします。お悩みを募集しています。子どもの年齢や学年、お住まいの都道府県名、具体的な相談内容をメールでエデュア編集部(edua-mail@asahi.com)までお送りください。掲載は匿名です。

メールはこちら

新着記事