学習と健康・成長

コツコツ取り組む「継続」習慣は、親のサポートで作れる 環境の整え方は? ゲームはさせない?

2021.10.22

author
有馬 ゆえ
Main Image

思春期の子どもをモチベートするには?

――思春期で難しい年頃の子どもをモチベートするとき、どう声かけすればいいですか?

口出しをされたくない時期だと割り切って、焦らずに見守りましょう。引き続き、結果でなく過程を見守り、褒めてあげてください。

つまずきに対しては、保護者自身の経験や失敗談について話し、共感を示すのもオススメです。大人でも失敗するとわかると、子どもはホッとできるのです。

保護者が苦手だったことは子どももできない、と決めつけるのはグッと我慢。「私も苦手だったから気持ちはよくわかる。でも、ちょっと一緒にやってみない?」と声をかけ、無理のない範囲で親子で取り組んでみて。パートナーが得意なら、子どもと一緒に教えてもらってもいいと思います。

――思春期になると、子どもとうまくコミュニケーションが取れず、気持ちがわからないこともあります。

保護者や子どもの性格によってコミュニケーションのあり方は変わりますが、コツはあります。話しかけるのは、食事の時や就寝前など、子どもの心にゆとりがあるタイミングで。子どもの性格に合わせた頻度で話しかけ、根掘り葉掘り聞かないことです。「別に」や「うるさいな」といった返事なら、「そっか。じゃあ今度気が向いたら話してね」と返し、関心があることだけは伝えましょう。

元気がないときは、「大丈夫?」と必ず確認してください。そっけない返事でも、「何か困ったことがあったら必ず話してね」と声をかけるといいと思います。

信頼関係のもとに、普段からお互いが話し合える環境を作れると理想的ですね。何か伝えたいことがあるなら、子どもの信頼する大人に協力してもらうのも手。この時期は保護者の言うことは聞かなくても、信頼できる親戚や先生などの言うことなら聞く場合があります。

無理をせず、できるところから始めてみましょう。

(編集:ゆきどっぐ+ノオト)

新着記事