文系、理系の壁

奈良女子大、お茶の水女子大が相次いで工学部を開設する理由

2021.11.01

author
中村 正史
Main Image

「女性人材の不足、ジェンダーギャップを解決」

一方、お茶の水女子大は、24年度に共創工学部(仮称)を設置する。同大の学部構成は、奈良女子大と同じような沿革をたどり、1950年以降、文教育学部、理学部、家政学部の3学部体制が長く続き、92年に家政学部を生活科学部に改組した。共創工学部は、それ以来の新学部になる。

新学部開設の目的について同大は「日本の大学の工学系の女子学生比率を改善するとともに、女子学生が多くを占める人文系を工学の『知』に結びつけ、Society5.0(知識集約型社会)に向け、特にものづくりやデータサイエンスにおける女性人材の不足や、そこから生じるジェンダーギャップの解決に寄与したい」(広報担当)と説明する。

「共創」とは、人文・社会科学の「知」と工学の「知」を融合した「総合知」を意味する。

共創工学部は現在の3学部の接点になる学部と位置づけ、人間環境工学科と文化情報工学科(ともに仮称)の2学科で構成する。当初は23年度に先行して人間環境工学科を、25年度に文化情報工学科を開設する予定だったが、二つの学科を同時に設置することによって「共創」工学の趣旨を徹底するため、24年度に開設する予定で準備を進めている。

同大は、女子の理系進学を増やすために、15年に理系女性教育開発共同機構を設置し、女子中高生や保護者、高校教員を対象にしたシンポジウムやセミナーを開催するなど、様々な取り組みを行ってきた。理系に関心の薄かった女子中高生に魅力を発信するため、海の生き物観察会や体験型数学セミナーなども開催してきた。

一方で、リベラルアーツ教育や複数プログラム選択履修制度、学内共同研究などの形で、文理融合を進めてきた。19年には「文理融合AI・データサイエンスセンター」を設立し、文学作品のテキストをデータサイエンスの手法を用いて分析するなど、全学的なデータサイエンス教育を展開している。共創工学部の開設は、こうした教育改革の延長線上にあると位置づける。

新着記事