2025大学入試どうなる

「情報Ⅰ必履修化の意義大きい」工学院大附属中高の中野由章校長

2021.12.06

author
佐藤 剛志
Main Image

現在の中学3年生が高校生になる2022年春から、プログラミングやデータの活用などを学ぶ新しい科目「情報Ⅰ」が必履修となります。その生徒たちが高校3年で受験する25年1月実施予定の大学入学共通テストからは、新たな教科「情報」の試験が加わります。今年3月には、文部科学省の検定を終えた教科書が、大学入試センターからは共通テストのサンプル問題が、それぞれ公表されました。情報Ⅰへの期待や課題などについて、高校での情報科教育に詳しい工学院大学附属中学・高校(東京都八王子市)の中野由章校長に聞きました。(写真は、工学院大附属高2年の授業「情報の科学」の様子=同校提供)

中野由章

話を聞いた人

中野由章さん

工学院大学附属中学・高校校長

(なかの・よしあき)技術士(総合技術監理・情報工学)。芝浦工業大学大学院工学研究科修了後、日本IBM大和研究所、三重県立高校、千里金蘭大、大阪電気通信大、神戸市立高校などを経て2021年から現職。情報処理学会の初等中等教育委員会委員長、同情報入試委員会幹事。情報オリンピック日本委員会理事。

ようやく科目本来の姿に

――来年高校に入学する生徒から、プログラミングやデータ活用の学習を含む科目「情報Ⅰ」が必履修となることをどう受け止めていますか。

とても意義のあることだと思っています。そもそも2003年度に高校で「情報」の授業が始まったときには、扱う内容別に「情報A」「情報B」「情報C」という三つの科目に分かれて、いずれかを選択履修する形でした。当初は「情報の科学的な理解」(情報B)か「情報社会に参画する態度」(情報C)のどちらかから、生徒が選択できるような科目設定にすべきだといわれていたんですが、本来ならば中学校までに十分に養われているべき「情報活用の実践力」が不十分だということで、現実を踏まえて「情報A」という科目が設定された経緯があります。

すると、学校現場ではどうしても文系か理系かという発想になってしまって、情報Bって理系的な内容だよね、情報Cって文系寄りだよね、と。しかし、1年生で情報科を教える場合はまだ文系・理系に分かれていないし、それならばと雪崩を打って情報Aを選ぶ学校が大半という状況になってしまった面があります。そのため、高校の授業で、街のパソコン教室のまねごとをするのかといった批判も聞かれました。

現行の学習指導要領になって、情報科は「社会と情報」と「情報の科学」の2科目からの選択必履修となりましたが、実際には生徒がどちらかを自由に選択するという状態ではなく、多くの学校では社会と情報を教えています。

日本の教育で情報科を重視しようという大きな波はこれが2回目だとみています。1回目は2000年代初めです。中学校で技術の時間に情報分野の扱いが大きくなって、小学校の学習指導要領ではコンピューターの活用が明記されました。高校では03年度から情報A・B・Cが新設されました。

次の大きな波が現在です。大学では数理・データサイエンス・AI教育プログラムを全ての学部・学科の学生に学んでもらうという話になっています。大学入学共通テストでも、今までは文系なら「数学Ⅰ・A」と「数学Ⅱ・B」までしか課していなかったところに、25年度から「数学C」が加わることが決まりました。情報科についても、いよいよ本来のあるべき姿になって来年春から情報Ⅰが始まると、私は受け止めています。

今までは情報という冠はついているけれど、情報学でもなければコンピューターサイエンスでもない、皆さんが情報と聞いたときに思い浮かべるものとは少しずれていたのが正直なところでした。新しい情報Ⅰは、03年当時にこうあるべきと考えていた科目本来の姿にやっとなるのだと思います。

共通必履修科目になることで、大学入試で出題することができます。それが望ましいかどうかはともかく、現実問題として高校教育は大学入試に大きく左右されます。入試という関門はとても分かりやすいんですよね。ここまでできていなければいけませんよという分かりやすい基準で、そこを目指す形になるので、入試に出題される必要がやはりあるのだと思います。

バックナンバー
新着記事
新着一覧
新着一覧

ページトップ