中学受験オンライン相談室

第3回◆1月に学校を休むかは「本人の納得感」で決めよう

2021.12.24

author
加賀 直樹
Main Image

「偏差値50じゃ…」の塾講師に不信感

■お悩み・その⑥  塾の先生は偏差値だけを見て学校を紹介されるので、不信感を覚えました。「偏差値60を超えたらどこでも好きなところを受けたら良いですよ。偏差値50じゃ問題のタイプや学校の立地、校風などで選べる数字じゃないです」と言われてしまい、子どもと学校見学に行ったのは何だったのかと悲しくなりました。(東京都・自営自由業・小学6年)

清水 「悲しくなりました」って。読んでいて僕らも悲しいですよね。これはね。

矢野 お母さま、悲しくなる必要はないと思います。偏差値、例えば「50」の学校が、じゃあ悪い学校か? 私、ちっとも思いません。それぞれの学校が長年、教育に取り組み、多彩な卒業生を輩出している。すばらしい学校が本当にいっぱいあります。塾のこの先生の言うことにはあまり耳を貸さずに、親子で納得できる学校を探してほしいなって本当に思います。他の先生に相談されるのも手かもしれませんよ。ひょっとしたら、言うことがまったく異なるかもしれませんし。清水先生はどう思われましたか?

清水 僕は本当に読んでいて悲しくなった。同じ塾の業界にいる人間として、申し訳ない気持ちになりました。塾によっては、合格実績がその先生のノルマになっているところもある。「何とかここを受けてほしい」という思いで、こういう先生はやっているのでしょう。「先生、大変だな」と思いつつ、その先生の話を聞かないのが良いと思います。

矢野 単に、指導しはじめてそんなに経ってない先生なのかな。そんな気がしました。塾にはいろんな先生がいるから。ベテランだったら、こんなこと絶対言わないですよ。

清水 失礼にも程があると思う。あと、僕、一つ気になったのが、「偏差値60を超えたらどこでも好きなところ受けたら良い」って言っているんですけど、「偏差値60」って上位15.87%なんですよ。「上位15%、16%に入ったら、どこでも好きなところを受けたらいい」って、何かおかしいですよね。この先生、偏差値のこと、そもそもよく分かっていないのかな。言葉通り受け取らないでほしいですね。とにかくまずは上を目指して偏差値を上げれば、選択肢が広がってくるっていう、「エール」として捉えるぐらいでいきましょう。これは。

矢野 そうですね。「偏差値50」で選べる学校も、本当、たくさんありますから。

新着記事