どうなる中学・高校入試

2022年度中学入試直前情報②サピックス 「台風の目」の広尾学園小石川 各家庭の基準で選ぶことが定着

2021.12.23

author
葉山 梢
Main Image

追試を実施する学校も

――2/1まであと1カ月余り。受験生にアドバイスをお願いします。

この時期は体調を整え、モチベーションを高く保ち、自信をつけることが一番大事です。そのためには、あれこれ手を出さないこと。新しい問題集をやるとペースが乱れてしまいます。やること、やる時間をうまく絞りましょう。

過去問と同じ問題は二度と出ませんが、出題形式はほとんどの場合変わりません。時間配分や解き方の形式に慣れるため、しっかりやってください。1回目より2回目の方が点数が伸びるので、自信にもなります。

理科や社会、漢字の知識は、やればやるほど点数になります。短い時間でもできるので、隙間時間をうまく使って取り組みましょう。時事問題は社会だけでなく、理科や国語の文章に出てくることもあります。時代がどのように動いているか関心を持つことはとても大事です。「重大ニュース」の本には目を通しておきましょう。

文中写真③ pixta_42249318_M

――保護者が注意すべきことはありますか。

合格したけど入学手続きを忘れたという話は毎年ありますよ。特に第二志望、第三志望の学校で多い。発表時間も手続きの締め切り時間も学校によって違います。ネット上の手続きだと、やったかどうか分からなくなることもあるので、必ずメモを取りましょう。すぐに決済できるよう、クレジットカードも用意しておいた方がいいです。

合格発表で不合格になっても、繰り上げ合格の可能性があります。繰り上げ合格の連絡は、学校の固定電話からだけでなく、携帯電話からかけてくるケースもあるそうです。基本的にはつながるまでかけてくれるようですが、そうでない学校もあります。電話にはいつでも出られるようにしておいた方がいいと思います。

新型コロナウイルスの状況が今後どうなるかは分かりませんが、本命校の入試の2週間前から学校や塾を休むかどうかは、各家庭で判断してくださいとしか言えません。ずっと自宅にこもっていると生活リズムが崩れる恐れがあるので、普段通りの生活を送るという判断もあるでしょう。

開成は2年連続で追試を実施することを決めています。神奈川県では、多くの学校が私立中高協会の「共通追試」に参加するとしています。一方で、追試がなく、感染したら二度と受けられない学校もあります。サピックスでは1月は6年生の授業をライブ配信し、塾に来ても自宅でオンラインで受けてもいいようにします。各家庭でベストな選択をしてください。

新着記事