ハイスクールラプソディー

SKY-HIさん 早稲田実業 音楽に関わる人生に 夢が具体化した高校時代

2022.05.12

author
橋爪 玲子
Main Image

高校生になり、人生でずっと音楽と関わっていきたいと考えるようになりました。そして自分のバンドのスタジオ代や楽器を購入するお金を得るため、アルバイトを始めました。練習したいけれどお金が足りない。ほかのバンドから声がかかると、スタジオ代がかからないうえにドラムの練習ができるのがありがたくて、一時は七つほどバンドを掛け持ちしていました。毎日ドラムが叩けて、すごく幸せでした。

高校2年のころ、ラップのように踊りと言葉で表現する音楽に興味が移行し、将来の目標が具体的になったように思います。アーティストから起業したラッセル・シモンズやJay-Zのように会社をつくって、自分の好きな音楽を存分にやって、音楽が好きな仲間が増えていく人生にしたい、と。

17歳でエイベックスが募集したオーディションに合格し、大学生で「AAA」のメンバーに。ラッパー「SKY-HI」としてもデビューできました。

早実時代のSKY-HIさん(本人提供)
早実時代のSKY-HIさん(本人提供)

昨年は発掘オーディションが話題になりました。

高校時代に描いた「起業」という夢は2020年に実現しました。僕自身がアーティストとして芸能界に身を置くなかでもがき苦しんだ、業界のさまざまな問題に一石を投じたいという思いでした。そのために起こしたアクションのひとつが、昨年の発掘オーディション「THE FIRST」です。若く才能がある子たちが個性やクリエーティビティーを伸ばせる場所を提供するため、私財1億円以上を投じた挑戦です。

結局、僕が目指すところは、中学、高校時代の文化・芸術で育まれた心の部分そのままなんです。好きな人と好きなことを好きなようにやる。大人になり、経験や知識などはたくさん増えたけれど、全部ひもといていったら、やりたいことはあの時代と変わらないんです。ただ、当時と違うのは、僕のまわりに才能ある若者たちが加わってくれたことです。

写真/高橋奈緒(朝日新聞出版)
写真/高橋奈緒(朝日新聞出版)

早稲田実業学校高等部

早稲田大の系属校で、初等部、中等部、高等部がある。「豊かな個性と高い学力と苦難に打ち克つたくましい精神力を兼ね備えた人物」を育成するという教育方針のもと、1901年の創立以来、校是として「去華就実」、校訓として「三敬主義」を掲げている。

【所在地】東京都国分寺市本町1-2-1

新着記事