学習と健康・成長

中学1年生、1学期で早くも英語挫折!? 夏休みにするべき復習のポイントと五つの勉強法

2022.08.05

author
石井 栄子
Main Image

いよいよ待ちに待った夏休み! お子さんたちは楽しいプランにわくわくしているのではないでしょうか。でもその前に、気になるのは成績。特に英語は、中学1年生の1学期につまずく子が少なくありません。英語は学校の評価だけでなく、ノートや教科書の書き込み方なども注意して理解度をみることが大事です。つまずきが見られたら、いったい何をしたらいいのでしょうか。静岡県富士市で英語塾を開く、金谷尚美さんに教科書を最大限に使った、夏休みの挽回(ばんかい)勉強法を聞きました。

kanaya_naomi

話を聞いた人

金谷 尚美さん

英語・速読・プログラミング教室「キッズイングリッシュ」代表

(かなや・なおみ) 静岡県富士市の住宅街にある実家の一軒家で、1999年から個人塾を運営。小学校低学年から大人まで幅広い層を対象に指導。自身の英語学習経験や留学経験、数々の職歴、そして子育ての経験を生かして常に生徒・保護者の目線を大切にした教室づくりを実践する。母親目線とICTを使った英語教育を得意とし、学校や学習塾などの教育現場でICTを活用した教育を行う実践者たちがつくった任意団体「iTeachers」の唯一の女性メンバー。

「英語が苦手に」なった時期 中1前半が最多

2019年にベネッセ教育総合研究所が高校1年生971人を対象に行った調査によると、英語を「やや苦手」「とても苦手」と感じている生徒は約55%。その生徒たちに英語が苦手になった時期を尋ねると、下の表を見てわかる通り、半数近くが、中学1年生が終わる前までに苦手になってしまっています。

英語を苦手と感じるようになった時期=ベネッセ教育総合研究所「高1生の英語学習に関する調査」から
英語を苦手と感じるようになった時期=ベネッセ教育総合研究所「高1生の英語学習に関する調査」から

英語は積み上げ式の科目なので、中学1年生の内容が理解できていないと、2年生、3年生の内容もずっとわからないままになってしまいます。英語は後から得意になるのは大変難しい教科です。

一方、卒業後の社会では高い英語力が求められ、中学1年生で英語を苦手科目にしてしまうと、将来の選択肢が狭まってしまう可能性があります。将来のキャリア形成にも大きく影響してしまうので、なんとしてでもこの夏休みのうちに挽回しましょう!

夏休みにするべきことはこれ!

では、夏休みに何をしたらいいのでしょうか。

オーソドックスですが、まずは教科書・授業の復習です。この記事を読んで正しい「復習の仕方」をマスターしてください。教科書の復習が終わったら、教科書ワーク(学校で配布されている教科書準拠の教材)の復習をしましょう。グンと理解度が上がっていることに気がつくはずです。

教科書を使ってやるべきことは、以下の5点です。

① 単語
② キーセンテンスを覚える
③ 本文和訳
④ 本文を音読する(QRコードを使用)
⑤ 日本語訳を英文になおす

「なんだ、こんなこと?」と思う方もいるかもしれませんが、現在の中学1年生の教科書は量も多く、消化不良気味。何の説明もなく「プリントを渡されて終わり」という授業もありますので要注意です。中学1年生でしたら、丁寧に1週間に1ユニットを復習するペースでがんばれば、夏休み中になんとか追いつきます。

バックナンバー
新着記事
新着一覧
新着一覧

ページトップ