朝日新聞社からのお知らせ

<Mリーグ>夏休み小学生麻雀大会 8月23日都内で開催 参加者募集

2022.08.08

author
藤田明人
Main Image

プロ麻雀(マージャン)リーグ「Mリーグ」の人気を受け、真剣に麻雀に取り組む子どもが増えています。小学生を対象に、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」のトップ選手らと交流できる麻雀大会が23日、東京で開かれます。参加者を募集します。

一般社団法人Mリーグ機構は、「<Mリーグ>夏休み小学生麻雀大会」を8月23日(火)に、朝日新聞東京本社の読者ホールで開きます。

「頭脳スポーツとしての麻雀をより楽しんでもらいたい」という思いのもと企画され、朝日新聞社などが協力します。

小学1~6年生を対象に20人を募集。Mリーガーによる麻雀レッスンや、全自動麻雀卓を活用した対局を行い、成績優秀者を表彰します。質問コーナーや記念撮影も用意しています。

2018年に始まったMリーグは、各業界の企業が運営する8チーム(1チーム4人)が優勝を競う仕組みで、毎年、秋から翌年春に行われます。

22年4月にあった決勝「朝日新聞ファイナルシリーズ」では、毎試合百万人以上の視聴数があり、22年7月からは「月刊コロコロコミック」(小学館)で麻雀の連載が始まるなど、子どもの間でも人気が高まっています。

参加無料で、応募締め切りは8月10日(水)午後6時。詳細、応募はこちらをご覧下さい。

バックナンバー
新着記事
新着一覧
新着一覧

ページトップ