国語のチカラ ~「読み、書き、表現」アップの鉄則~

登場人物の「気持ち」にどう迫る? 心情語を身につけよう

2022.08.17

author
南雲 ゆりか
Main Image

物語を読んでも、人物の気持ちがよくわからないようです。どうすれば気持ちが読み取れるようになりますか。

中学入試問題でも、気持ちを読み取る問題は必ずといっていいほど出題されます。心情読み取りが苦手なお子さんは、自分を基準にして考える傾向があります。自分の感覚が先行し、書いてあることと合わない解釈をしてしまうのです。読解の約束事を知り、語彙(ごい)を増やせば心情は読み取れるようになります。

気持ちは「できごと」と「反応」から判断する

人物の心情は表情や態度、行動などの「反応」となって表れます。その「反応」を引き起こした「できごと(背景・事情)」を確かめれば心情は読み取れます。これが心情読解の基本です。「反応」「できごと」のいずれか一方だけで判断しないように気をつけます。

「反応」は同じでも「できごと」が異なれば心情も異なります。たとえば、「顔が赤くなった」という反応は同じでも、「みんなの見ている前で派手に転んだ」のと「ひどい悪口を言われた」のとでは心情は異なります。前者は「恥ずかしい」、後者は「怒り」がふさわしいですね。

同様に「できごと」が同じでも、「反応」が違う場合があります。「テストで80点を取った」というできごとについて、次のような反応の違いがあったとします。

A ガッツポーズをした

B 唇をかんでいた

C 肩を落とした

D ため息をついた

Aの心情を問うと、子どもたちは「喜んでいる」「うれしい」「満足している」などとすぐに答えます。BとCは慣用句ですが、その意味を知っていれば心情もわかります。Bは「くやしい」、Cは「落胆している・がっかりしている」ですね。

Dの心情を読み取るにはもう少し情報が必要です。「ため息」の原因となる心情は複数あるからです。「かろうじて80点という合格ラインに届いた」なら「安心・安堵(あんど)」、「100点を目指してがんばったのに80点だった」のなら「落胆」のため息だといえるでしょう。

読解問題では、「反応」に傍線が引かれ、「どういう気持ちですか」「なぜですか」と問われることがとても多いです。解答には必ず「できごと」と「心情」の両方を書きます。気持ちを問われたら「テストで80点取れたので喜んでいる。」、なぜかを問われたら「テストで80点取れてうれしかったから。」のように答えます。

「普通はこうとらえる」という常識を身につける

さて、この例では「テストの点数は高い方がよい」という常識を前提に心情を把握しました。子どもたちもみな、ごく当たり前のこととして承知しています。でも、「自立していく子どもを見守る親の心情」などはどうでしょうか。「うれしい半面寂しくもあり、頼もしく思う一方で心配でもある」という親の気持ちが実感できる小学生は少ないでしょう。このようなことは知識として仕込むしかありません

子どもが実体験によって知ることには限界があります。「普通はこういう心情になるものだ」という常識を、折に触れて教えてあげましょう。読書や映像作品からも学べます。上手に活用してください。

気持ちを表す語彙を増やす

授業中、「気持ちはなんとなくわかるけれど、どう言えばいいのかわからない」というSOSが発せられることがあります。ぴったりくる心情語を見つけるためには、言葉のストックを増やすしかありません。特に「気持ちを表す慣用句」は要チェック。慣用句をあまり知らない子が目につきます。

「気持ちを表すやまと言葉」、小学校では習わない「心情を表す漢字」も積極的に教えたいところです。例を挙げてみましょう。

登場人物の「気持ち」にどう迫る? 心情語を身につけよう

以上のような心情語が素材文に出てきても、意外と見落としてしまうことがあります。「心情語」という目で言葉を識別していないからだと思われます。

記述問題でも、「早く誕生日にならないかなと思う気持ち。」などと答えてしまいがちです。この答案だと「心情語」が書かれていないので減点されます。「早く誕生日にならないかと楽しみにする気持ち。」「誕生日が来るのを心待ちにしている。」のように書けば大丈夫です。どのような言葉を「心情語」とみなすのか厳密に決まっているわけではありません。でも、「~気持ち」という言葉をくっつけるだけで心情を書いたつもりにならないように、「心情語」を意識できるようにしておく必要があります。

物語文を精読するときには、「気持ちを表す言葉」に印をつける練習をしてみてください。また、アニメの登場人物の気持ちを一緒に話し合ったり、子どもの気持ちを推し量って代弁してあげたりして、心情語をインプットするとよいでしょう。

バックナンバー
新着記事
新着一覧
新着一覧

ページトップ