学習と健康・成長

動画やAIで「スマートスイミングレッスン 」 自分の泳ぎを振り返る効果は

2022.08.29

author
小林 香織
Main Image

スポーツクラブ事業などを全国展開する株式会社ルネサンス(以下、ルネサンス)では、2021年6月から動画やAIを活用したシステムによる「スマートスイミングレッスン」を業界初導入しました。主に進級テスト時の様子を複数のカメラで撮影し、動画を通して自身の泳ぎを振り返ることに活かしています。導入から1年を迎え、どのような効果や課題が見えてきたのか。ルネサンス スポーツクラブ事業企画部 スクール事業チーム 課長の勝部 久代さん、同レッスンを受講中の生徒・保護者にうかがいました。(写真はスマートスイミングレッスン中の様子=筆者撮影)

Hisayo_Katsube

話を聞いた人

勝部 久代さん

株式会社ルネサンス スポーツクラブ事業企画部 スクール事業チーム 課長

(かつべ ひさよ)株式会社ルネサンス入社後、ジュニアスイミングスクール、選手コース、成人スクール等を中心に水泳指導を行う。スイミングチーフ、エリアリーダー等を経て、現在は各スクールの商品企画やスタッフ育成、品質管理・向上等に取り組む。「スマートスイミングレッスン」の導入にも携わり、スイミングを通じて子供たちが自ら考え行動できる力を育むレッスンの提供を目指している。

泳ぎのクセや苦手なポイントを把握しやすい

ルネサンスが業界初として導入した「スマートスイミングレッスン」は、ルネサンス協力のもと、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が開発した水泳専用のシステムを利用しています。

複数台のカメラで撮影した、水泳中の動画をスマートフォンやタブレットで確認できるほか、撮影後にAIが自動編集した動画も閲覧できます。ルネサンスでは、主に「レッスン前のお手本動画の配信」、「レッスン中の指導や振り返り」、「進級テスト時の動画配信」で同システムを活用しているそうです。

スマートスイミング_1
動画の配信や閲覧は専用アプリを活用する。コーチのみが確認できる管理画面(写真左)と保護者に送られる進級テストの動画のイメージ(提供:ルネサンス)

ルネサンスでは、2017年より自社のテニススクールで初めて、動画を活用した「スマートテニスレッスン」を全国導入しました。それが好評を得ていることから、スイミングスクールでもシステムの導入を決めたといいます。

「保護者のみなさんに専用アプリをインストールしていただき、そこにお手本動画や進級テスト時の動画を配信しています。これは家庭での予習・復習に非常に役立っていて、保護者からは『予習により子どもの不安を解消しやすい』、『家庭でのアドバイスがしやすい』といった声が寄せられています」(勝部さん)

2ヵ月に一度の進級テストでは、水中カメラも含めた複数の角度から生徒をピンポイントで撮影して、AIが自動編集した動画が配信されます。勝部さんいわく、「テレビ放映される試合さながらの映像クオリティで、さまざまな気付きを得やすい」そうです。

スマートスイミング_2
水中カメラを含む複数のカメラの映像が配信される。他の生徒にはボカしが入りプライバシーにも配慮している(ルネサンスの公式ユーチューブより)

レッスン中は、プールサイドに複数のタブレットを置き、生徒は自分の泳いでいる姿を映像で確認しながら練習します。コロナ禍の休館による影響で、定量的な効果測定はこれからですが、システム導入以降、習熟度が高まっている傾向が顕著に出ているといいます。

「例えば、平泳ぎで停滞していた生徒が、自分のクセを動画で確認することによって、すぐに直せた事例がありました。ほかにも、水中で壁を蹴る動きを動画で振り返り、改善したことによりタイムが縮んだケースも。特に、平泳ぎは習熟が難しいとされていて、動画の効果が大きかったように思います」(勝部さん)

そのほか、小学校低学年のクラスでは、これまでコーチの話を集中して聞いていなかった子が、動画の活用によってしっかり聞くようになった変化もあったそうです。

バックナンバー
新着記事
新着一覧
新着一覧

ページトップ