メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月13日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

東日本大震災から2年 報道写真展を開催

写真:職員42人が津波の犠牲になった防災対策庁舎。保存か解体かで町は揺れる=2012年11月25日、宮城県南三陸町職員42人が津波の犠牲になった防災対策庁舎。保存か解体かで町は揺れる=2012年11月25日、宮城県南三陸町

写真:明かりを頼りに死者が帰ってくると言われる「松明かし」を自宅跡地でする女性。震災で母と祖母を亡くし、当時4歳の長男は行方不明。「いつまでもずーーっと帰りを待ってるからね」=2012年8月14日、岩手県大槌町明かりを頼りに死者が帰ってくると言われる「松明かし」を自宅跡地でする女性。震災で母と祖母を亡くし、当時4歳の長男は行方不明。「いつまでもずーーっと帰りを待ってるからね」=2012年8月14日、岩手県大槌町

写真:毎週金曜日を中心に、国会周辺で原発再稼働反対を訴えるデモが続く=2012年7月29日、東京・永田町毎週金曜日を中心に、国会周辺で原発再稼働反対を訴えるデモが続く=2012年7月29日、東京・永田町

 3・11の東日本大震災から2年を迎えます。その節目に、朝日新聞社の記者が被災地を中心に撮影した写真約60点などを展示します。

 被災直後の各地の被害状況とともに、復興へ歩み始めた様子を紹介。一方で癒えることのない人々の心情と、なお続く福島第一原発事故の影響も切り取り、「あの日」から現在までを振り返ります。

 本展は、被災から約1カ月半後の2011年4月〜5月と、1年後の2012年3月に開催した震災報道写真展に続き3回目となります。前2回と同じく、朝日新聞厚生文化事業団による募金活動も実施し、被災地の復興支援に役立てられます。

■東日本大震災 報道写真展 

■会期:3月1日(金)〜3月13日(水)

    午前11時〜午後7時(最終日は午後4時まで)

■会場:有楽町朝日ギャラリー(東京都千代田区有楽町2−5−1 有楽町マリオン11階)

    ※映画館チケット売り場横のエレベーターで11階までお越しください

■会期中無休、入場無料

■問い合わせ:朝日新聞社CSR推進部 03−5540−7630(平日10:00〜18:00)

▽東京のほか、以下の会場での開催を予定しています(詳細は随時お知らせします)

■愛知・高浜会場

2月2日(土)〜2月28日(木)

高浜市やきものの里かわら美術館(愛知県高浜市青木町9−6−18)

午前9時〜午後5時(最終日は午後2時まで)

月曜日休館(ただし2月11日(月・祝)は開館、12日(火)は休館)、入場無料

■札幌会場

2月9日(土)〜2月21日(木)

紀伊國屋書店札幌本店(札幌市中央区北5条西5丁目7 sapporo55ビル)

午前10時〜午後9時(最終日は午後6時まで)

会期中無休、入場無料

■名古屋会場(1)

3月2日(土)〜3月29日(金)

名古屋第二赤十字病院 第3病棟1階ロビー(名古屋市昭和区妙見町2−9)

午前8時30分〜午後5時(最終日は午後3時まで)

会期中無休、入場無料

■大阪会場

3月2日(土)〜3月17日(日)

中之島フェスティバルタワー13階 朝日新聞大阪本社玄関前(大阪市北区中之島2−3−18)

■福岡会場

3月28日(木)〜4月8日(月)

アクロス福岡2階交流ギャラリー(福岡市中央区天神1−1−1)

午前10時〜午後6時(最終日は午後3時まで)

会期中無休、入場無料

■北九州会場

4月3日(水)〜4月30日(火)

ゼンリン地図の資料館(北九州市小倉北区室町1−1−1 リバーウォーク北九州14階)

午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

土・日・祝日休館、入場無料

■名古屋会場(2)

4月16日(火)〜5月12日(日)

愛知芸術文化センター地下2階アートプラザ前(名古屋市東区東桜1−13−2)

午前9時〜午後10時

5月7日(火)休館、入場無料

主催:朝日新聞社

   社会福祉法人朝日新聞厚生文化事業団(東京会場)

   高浜市やきものの里かわら美術館(愛知・高浜会場)

   名古屋第二赤十字病院(名古屋会場(1))

協賛:三菱商事株式会社

   公益財団法人アクロス福岡(福岡会場)

協力:紀伊國屋書店札幌本店(札幌会場)

   株式会社ゼンリン(北九州会場)

    検索フォーム

    朝日新聞イベント

    イベント情報について

    映像商品や展覧会図録について