漫画家の萩尾望都さんがデビュー50周年を迎えるのを記念した展覧会です。代表作「ポーの一族」=写真(C)萩尾望都/小学館=を中心に、「トーマの心臓」ほか数々の名作を、本展のための描き下ろしを含む200点以上の原画で紹介。宝塚歌劇公演「ポーの一族」の衣装なども展示し、「萩尾望都の世界」の魅力に迫ります。

 ◇25日[木]~8月6日[火]、東京・松屋銀座(03・3567・1211)8階イベントスクエア。午前10時~午後8時(7月26日[金]は午後8時30分、28日[日]と8月4日[日]は午後7時30分、6日[火]は午後5時閉場)。会期中無休。一般千円、高校生700円、中学生500円、小学生300円(朝日新聞社主催)

イベントピックアップ

特集