「コートールド美術館展 魅惑の印象派」(10日[火]~12月15日[日]、上野・東京都美術館)の開催を記念して、初日に講演会を開催します。コートールド美術館のエルンスト・フェーヘリン館長が「サミュエル・コートールド:そのコレクションとビジョン」と題して話します。

 写真は美術館の創設者サミュエルの初購入作品「靴紐を結ぶ女」=ピエール・オーギュスト・ルノワール 1918年頃(C)Courtauld Gallery(The Samuel Courtauld Trust)。

 ◇10日[火]午後2時~3時30分、東京都美術館講堂。本展観覧券(半券可)が必要。当日午後1時から講堂前で整理券を配布(1人1枚で先着225人)

 ◇展覧会の詳細は公式サイト(https://courtauld.jp別ウインドウで開きます)(朝日新聞社ほか主催)

イベントピックアップ

特集