東京・上野の国立科学博物館で7月13日に開幕する「恐竜博2019」。前売り券とセットになった限定グッズが好評だ。

 恐竜ファンおなじみの海洋堂が手がけるフィギュアは、全5種入りでその名も「コンプリートボックス」。全身復元骨格が世界初公開となるデイノケイルスをはじめ、「むかわ竜(通称)」、ティラノサウルス、モササウルス、デイノニクスと、恐竜界のスターたちがそろう。同ボックスとのセット券(5千円、限定数2千)を販売中。開幕後は、リアルな彩色を施したフィギュアを、会場特設ショップのカプセルマシンで販売する(1個500円)。

 肉食恐竜の鋭いカギツメがモチーフの、ユニークな「孫の手」とのセット券(2200円)も。学名が「恐ろしいツメ」を意味するデイノニクスがモデルで、展覧会に貴重な実物化石が初来日するのにちなむ。金属製のコンパクトな伸縮式だ。

 その他グッズセット券など、詳細は公式サイト(https://dino2019.jp/別ウインドウで開きます)。

イベントピックアップ

特集