9日から東京・上野の東京国立博物館で始まる特別展「三国志」では、横山光輝による漫画「三国志」の原画や、川本喜八郎のNHK「人形劇 三国志」で使用された人形も、リアルな出土品とともに展示される。会場特設ショップでは、こうした作品で親しんだファン垂涎(すいぜん)のコラボレーショングッズが多数用意される。

 漫画「三国志」の名場面がデザインされた半袖Tシャツ(3200円)に、川本喜八郎が自ら描いた孔明人形らが登場するてぬぐい(各色1200円)、人気ゲーム「三國志」の人気キャラ関羽や趙雲らをあしらったパスケース(1千円)も。夏休みのお出かけには、グッズにあしらわれた「武将」や「知将」を引き連れて。

 孔明ゆかりのアイテムとして知られる白羽扇(びゃくうせん)を模したふせん(800円)などオリジナルグッズも要チェックだ。

 展覧会は9月16日まで。一般1600円など。

イベントピックアップ

特集