二世帯で暮らす

二世帯で暮らす

ひとつの家に親世帯と子世帯の家族が暮らす二世帯住宅。
二世帯住宅で暮らす場合のポイントについて、一級建築士・山崎雄之進さんに聞きました。

二世帯で暮らす

二世帯住宅といっても、親世帯と子世帯の生活スペース・間取りのつくり方によって様々なタイプがあります。大きく分けると以下の3タイプです。

  • 完全同居型・・・玄関・キッチン・浴室・トイレなどを共用
  • 一部共用型・・・共用部分と別の部分をつくる
  • 完全分離型・・・玄関からキッチン、浴室まですべて独立

二世帯住宅を検討する場合、玄関から別になっている完全分離型をおすすめします。なぜなら、二世帯の家族構成も永遠ではないからです。何かの理由で空室となった世帯住居をどうするかを考えておかないと維持管理費が負担になってしまいます。

分離型であれば、「二世帯住宅」から「賃貸併用住宅」に切り替えることもできますし、資産価値を守る上で有利になります。ただし、交通アクセスの良さや、近隣の立地条件などを十分に考慮する必要があります。

自宅と賃貸を一体化

また、分離型の二世帯住宅にしておくことで、親世帯が元気な間は2階や3階に住み、将来身体が不自由になってきたら1階に移るといったこともできます。
ホームエレベーターを設置して、親世帯が2階や3階に住むのも良いでしょう。

家族構成やライフスタイル、身体の変化に合わせて、切り替えがしやすい住まいにしておくことをおすすめします。

山崎 雄之進(やまざき・ゆうのしん)

山崎 雄之進(やまざき・ゆうのしん)

1939年生まれ。
一級建築士、ベテランハウスドクター倶楽部代表。
米国で建築設計の実績を積み、帰国後は大手ハウスメーカーで企画・商品開発を行う。現在は、任意団体ベテランハウスドクター倶楽部の代表として住宅相談やセミナー講師としても活躍中。

このページをシェアする

ページ上部へ