団らん

団らん

家族とのコミュニケーションが大事である。

お子様とのふれあいや親家族とのひととき、ご近所とのお付きあいなど、家は様々なコミュニケーションを生み出す役割を持っています。ご家族の数だけ、間取りがあります。「ダイニングキッチンを導入する」「リビングを2階に作る」など、理想の間取りを見つけることが重要です。家族同士のコミュニケーションや絆を、自然とはぐくむことができる、心地よい空間づくりを重視する方のキーワードです。

ロイヤルウッド

2.ロイヤルウッド

ウッドデッキ

暖炉のある開放的なリビングは自然と家族が集まる空間。キッチンは部屋全体が見渡せて常に家族がいることを感じさせてくれます。また、心地の良い演出のウッドデッキは自然と家族との会話が生まれる開放的な空間です。広々とした空間で常に家族を感じられることができます。

ネクストイノベーション

3.ネクストイノベーション

吹き抜け大空間と回遊性のあるリビング

高気密・高断熱だから実現出来る大空間とリビング階段。どこにいても家族の気配が伝わる開放的なリビング空間です。階段下の半地下スペースにはリラクゼーション効果も高い、熱帯魚が気持ち良さそうに泳ぎ回る巨大水槽を設置。自然と家族が集まり、楽しい会話も弾みます。

オカザキホーム

8.オカザキホーム

我が家は映画館

ダイナミックな天然枝付銘木が印象的な大空間吹抜けリビングは、家族が自然に集まる至福の空間。アイランドキッチンで、会話も弾みます。また、リビングの隣には家族の映画館を併設。友人が集まるホームパーティや、休日に家族みんなでゆったり鑑賞会。自然と絆が深まります。

一条工務店

9.一条工務店

開放的なリビング

奥行きのある出窓と天井高が高いリビングは、陽の光も入りやすく、あかるく開放的で自然と家族が集まるコミュニティー空間です。
休日は、家族・親戚・友達みんなでホームパーティを開いたり、人と笑顔が集まる空間になります。

福工房

10.福工房

家族がつながる間取り

玄関の引き戸を開けると、広がる土間空間。玄関ホール、廊下をなくすことによって、通り抜けだけのスペースから、接客、趣味、子どもたちの遊び場と多目的空間に変わります。また、お部屋に直接アクセスできる土間は、帰宅した家族とのコミュニケーションがとりやすいのも特徴。大きな吹き抜けのあるリビングは家族の気配が伝わりやすく、中央にある小上がりは、食卓、書斎、だんらんの場など多目的に活躍します。

大和ハウス工業

11.大和ハウス工業

解放感に満ちた大空間

xevoΣ(ジーヴォシグマ)の強靭な構造体がかなえる大空間は天井高2m72cmの「グランリビング」。空間にかつてない広がりをもたらします。リビングを「ロースタイル仕様」にすることにより3m8cmという天井高を実現。のびやかな解放感とつつみこまれる安心感をあわせ持つ空間をご体感ください。

アイ工務店

12.アイ工務店

吹抜けとハーフ収納&スキップフロア

天井高3m以上の吹抜けは空間のゆとりを生み開放感がアップ。リビングに取り入れれば、家族が自然と集まるくつろぎの場が誕生します。
ハーフ収納(天井高1.4m以下)は充実の収納機能だけでなく、来客時の片付けも楽々。スキップフロアはLDKや2階のプライベート空間を保ちながら来客時の応対も可能となります。

一条工務店

13.一条工務店

住む人に寄り添うLDK

開放感のあるリビング。リビング階段を採用することで、自然と家族の集まりやすい空間になっています。ダイニングにつながる扉を閉めればプライベート空間を演出。自然と会話が弾む明るく楽しい空間とゆったりとくつろぐことのできる空間を両立させました。

neie

16.neie

上質な空間

例えば、リビングとダイニングキッチンを少しズラすことにより「居心地の良い空間」が生まれたり、天井の高さをダイニングは低くして、リビングは高くするなどメリハリをつけて変えることにより、落ち着きのある空間を演出することができます。このように、家は平面図だけでご提案することは難しいため、パースを作成して「空間」を見てもらうよう心がけております。そのため、設計士との「ヒアリング」という機会が重要で生活のスタイルやリズム、お子さんの教育の考え方、家事導線など、しっかりとお聞かせいただいております。

住友林業

20.住友林業

ダイニングキッチン

リビングやダイニングキッチンをはじめ、住まいと庭をゆるやかにつなげることで、明るくここちよい空間が生まれます。
開放感あふれる空間は家族がどこにいてもいつも気配を感じ、日差しがふりそそぐ広々としたリビングには自然と家族が集まってきます。

ページ上部へ