愛犬と暮らす

抜け毛に注意

犬の毛は2種類あり、外側は太く厚い毛で覆われていますが、その内側にはアンダーコートと呼ばれる細かい泡のような柔らかい毛があります。犬はこのアンダーコートの量を季節によって変化させ、冬の寒さや夏の暑さに対応しています。

普通は年に2回、春と秋にこのアンダーコートを換毛させており、その季節になると大量の抜け毛が発生します。犬の毛の成分は、魚の鱗に似ていて、丈夫で簡単には劣化しません。しかも軽いフワフワした毛が大量に抜けるので、風に舞い、床だけでなく細かな溝や、布団などに着くこともあります。室内で暮らしている場合、この抜け毛の対策をしておかないと、あっという間に家中が毛だらけという状態になってしまいます。

毛の質や長さは犬種によっても変わりますが、短毛種だから毛が抜けないと思うのは間違いで、短い毛でも抜ける量はあまり変わりません。

文:三浦健太 NPO法人ワンワンパーティークラブ代表

壁の臭い?

住宅の壁紙などの内装は、接着剤で下地に貼り付ける工法が多いですが、この接着剤が問題になることがあります。

一昔前はシックハウスと言われ、私たち人間にとっても健康を害する素材が使われていたことがありましたが、最近はほとんどなくなりました。ただ、私たち人間が気づかないかすかな臭いも、鋭い嗅覚を持つ犬にとっては強烈な悪臭に感じることもあります。単なる健康被害だけでなく、臭いによるストレスから落ち着かなくなったり、怒りやすくなったりという例もあります。愛犬家の方が住宅を新築する際や、リフォームする際には、壁紙などの色や素材にこだわるだけでなく、見えない裏側の接着剤の成分や臭いにも注意を払う必要があります。

文:三浦健太 NPO法人ワンワンパーティークラブ代表

マイホーム計画は「犬の老化」も考える!

愛犬との暮らしを始める動機の第一位は、『マイホームを持った時』と言われています。せっかくのマイホームに愛犬はやはり無くてはならないのかもしれません。中には、反対に愛犬との暮らしのためにマイホームを計画する方もいるでしょう。

現在では住宅メーカーでもいろいろな愛犬との共同生活用の部材を販売するようになりました。ただ一つ注意することがあります。それは犬は寿命が短く、それに伴い成長も、老化も早いということです。新築や改築する時には、数年後には愛犬が老化することを計画に入れておくことも、あとで失敗しないコツです。

文:三浦健太 NPO法人ワンワンパーティークラブ代表

暖房器具に注意!

冬となると、まずは暖房ですが、ワンちゃんと室内で暮らしているご家庭ではちょっと注意が必要です。最近では効率よく温めるために、温風の吹き出し型の器具が増えていますが、これらの器具の多くは床近くから暖かい風を送り出します。たいていのワンちゃんたちは、私たち人間より低い空間で暮らしていますから、うっかり温風を吹き出すと熱く乾燥した風をまともに受けることになります。乾いた温風は肌を乾燥させ、時には肉球にひび割れを起こしたり、皮膚そのものを痛めたりもします。また乾燥により静電気の発生も増加しますので、この電気も肌を傷めます。

愛犬と室内で暮らす方は、出来れば床暖房に改築できればベストですが、そうでなくとも室内温度だけでなく、温風の吹き出し口にみ注意が必要です。

文:三浦健太 NPO法人ワンワンパーティークラブ代表

愛犬との上手な暮らし方教室

ハウジングプラザ瀬田では、愛犬家の皆様の幸せな毎日を願い、
愛犬との心のつなぎ方やより快適な暮らしの知恵をお伝えする無料教室を、
開催します。

監修は、国内の多くの愛犬家に支持されているNPO法人「ワンワンパーティクラブ」の三浦健太さん。
愛犬を連れてぜひ、ご参加ください!

犬のカウンセラー 三浦健太犬のカウンセラー 三浦健太

ワンワンパーティクラブ公式サイト
http://www.wanwan.org/


  • 参加無料!愛犬同伴OK!事前予約不要。
  • 場所:ハウジングプラザ瀬田

※当日教室開始前に会場内で受付。
※内容、日程は都合により、変更になる場合がございます。
※雨天中止

ご参加の方に愛犬のおやつプレゼント

【第1回】2018年12月15日(土)

講師:三浦健太 NPO法人ワンワンパーティークラブ代表

13時~14時:「愛犬との心の通わせ方
14時~15時:個別相談会(健康やお手入れ方法、住環境などについて個別にアドバイス)

愛犬も大切な家族。犬は話す事はできませんが、心を通じ合わせることはできます。
でも、そのためには犬のちょっとした仕草や、人とは違う生き方や考え方をわかってあげなければなりません。
命令と服従の世界ではなく、『心と心でわかり合える』。そんな関係を目指してみてはどうでしょう。

あなたが愛犬にかける言葉や、あなたの触り方を愛犬は本当に喜んでいるのか。
それぞれの犬の個性を見極め、性格にあった接し方が大切になります。

15年以上にわたって、ともに暮らしていく間柄です。叩いたり脅かしたりといった威圧的な態度はもちろん、すべてをご褒美でごまかしていく生活では長続きはできません。

犬は生きるための食事以上に群れ(家族)の関係を重視する、地球上でも極めて貴重な動物です。
彼らの生きがい、彼らの幸福感について真剣に学んでみませんか。

【第2回】2019年1月19日(土)

講師:谷川のぞみ ドッグライフカウンセラー

13時~14時:「いい子に育つしつけ方
14時~15時:個別相談会(健康やお手入れ方法、住環境などについて個別にアドバイス)

犬と暮らしている人なら誰もが思うことは「いい子にしたい」です。

ただ、この「いい子」という表現はかなり抽象的に、その捉え方も飼い主さんによってマチマチです。
「言うことを聞いて欲しい」と思う人もいれば、「思いやる優しい子がいい」と思う人もいます。中には「なにも出来なくても可愛ければいい」という人もいます。

というように一口に「いい子」と言っても人によってかなり差があるのです。

上を見れば限りはありませんが、基本である「人に迷惑をかけない」と「家族に大きな負担をかけない」、そして「健康である」ためのしつけ方についておはなしします。

【第3回】2019年2月16日(土)

13時~14時:「大切な健康食事の選び方
14時~15時:個別相談会(健康やお手入れ方法、住環境などについて個別にアドバイス)

私たち人間はとても健康に関しては高い関心を持っています。
栄養は足りているか、血圧は正常かなど、絶えず気にかけ、注意を払います。

しかし、犬は自分自身の健康に関して注意を払ってはいません。
味覚に関しては人間よりも劣っていますが、嗅覚は優れていますので、犬にとって魅力的な食べ物と臭いが魅力的な物とも言えます。

犬は自分の健康を考え、食べ物を選ぶことはしません。体質的に合わない物もあれば、より必要な栄養もあります。
家庭で暮らす犬たちにとって、飼い主さんが選んでくれた食べものこそが大事な食べものなのです。

飼い主さんは、愛犬の体の特徴や、生態をよく観察し、最も適した食べものを選んであげる必要があります。
適切な食事の選び方について学んでみませんか。

【第4回】2019年3月16日(土)

13時~14時:「愛犬家のための防災対策
14時~15時:個別相談会(健康やお手入れ方法、住環境などについて個別にアドバイス)

21世紀になり、阪神淡路大震災からはじまり、中越地震、東日本大震災、熊本地震、西日本豪雨、北海道胆振地方の地震などなど、多くの災害が起きています。

ある日突然襲ってくる災害によって、私たちの日常の生活は一変してしまいます。

環境省では被災時には愛犬を連れての同行避難を推奨していますが、避難施設の中まで同伴できるかどうかは、それぞれの避難所によって違います。
また、被災地では普段は余り気にならない病気も発生しやすくなります。

そんな時、周囲に迷惑をかけずに生活するための方法や、今からできる災害への備えについてご紹介します。

【第5回】2019年4月20日(土)

13時~14時:「犬のストレス軽減法
14時~15時:個別相談会(健康やお手入れ方法、住環境などについて個別にアドバイス)

犬にもいろいろなストレスがあります。体調の悪い時だけでなく、飼い主さんと触れあう時間が足らなかったり、天気の悪い日が続き思いっきり走れなかったりと、様々な要因でストレスを感じます。 もちろん感じるストレスは個々の性格によってまちまちです。一般的にわがままに育った子の方がストレスを感じる度合いは強いようです。

強いストレスを感じると体調の変化だけでなく、今まで出来ていた室内トイレを失敗したり、情緒の不安定さから唸ったり、噛んだりしはじめる子もいます。

飼い主としてはストレスを与えない暮らし方も大事ですが、ストレスに強い子に育てることも必要です。
適切なストレス軽減法について学んでみませんか?

【第6回】2019年5月18日(土)

13時~14時:「愛犬との上手な遊び方
14時~15時:個別相談会(健康やお手入れ方法、住環境などについて個別にアドバイス)

仕事が忙しく、愛犬との時間をなかなか取れない人もいます。短い接触では「きっと不満だろう」と思っている方は多いでしょう。 もちろん十分な時間を取れれば。それにこしたことはありませんが、長い時間を一緒にいれば満足といったものでもないのです。

犬が一番不満を感じるのは、上がったテンションを一気に下げられた時なのです。例えば、「タダイマー」と帰り、愛犬が飛び上がらんばかりに喜んでいる時に、急に「着替えてくるね」とその場を離れたり、大興奮で遊んでいる最中に急に帰ろうとした時などに急激なテンションの低下を余儀なくされます。愛犬のテンションが上がった時には、クールダウンとして、少しの時間、ゆっくり過ごし、徐々にテンションを下げてから次の行動に移るのがベストです。数分間のクールダウンだけで、愛犬の満足度は数倍になるのです。

愛犬との上手な遊び方について実演を交えてご紹介します。

【第7回】2019年6月15日(土)

13時~14時:「夏場の注意(熱中症の予防と対処)
14時~15時:個別相談会(健康やお手入れ方法、住環境などについて個別にアドバイス)

気温が高くなってくると最も怖い病気が熱中症です。体温調節がきかなくなり、脱水症状を起こし、時には死に至ることもあります。

熱中症というと炎天下の直射日光の下で起きそうに思いますが、実は日陰や室内でも起きます。特に湿度が高くジメジメした日は要注意です。愛犬の居場所は、風の通りがよい場所が最適です。

万が一、息づかいが荒くなりその後グッタリしたら熱中症の疑いがあります。すぐに体を冷やしながら動物病院に向かってくたせさい。氷などがない場合は、冷たい飲み物を自動販売機などで購入し、犬の脇の下などに当てて体を冷やします。自動車があれば搬送中はエアコンで冷やすようにします。昔は冷水をかけた時代もありますが、心臓に悪いことから近年はあまり薦められていません。

そのほか夏場の危険から愛犬を守るための対策についてお話します。

【第8回】2019年7月20日(土)

13時~14時:「車酔いをさせない旅行術
14時~15時:個別相談会(健康やお手入れ方法、住環境などについて個別にアドバイス)

さぁ、夏休み!最近では、愛犬同伴の旅先も増えました。一緒に泊まれる宿も増え、途中の高速道路のサービスエリアにはドッグランのあるところも増えました。犬自体は暑さには弱いものの、熱い都会を離れて、たまには涼しい野山も体験させてあげたいものです。

愛犬との旅行でまず大切なのは、車に酔わないようにすることです。車で走り出してから、急に愛犬が車酔いを起こし、吐かれたりすれば、せっかくの旅行も台無しです。

この夏、遠出をしようと計画したら、事前から少しづつ車に慣らせる練習をしておくことをお勧めします。

第8回は、車酔いの予防と練習のポイントについてお伝えします。

【第9回】2019年8月17日(土)

13時~14時:「近所に好かれる大事なマナー
14時~15時:個別相談会(健康やお手入れ方法、住環境などについて個別にアドバイス)

犬による迷惑としてしばしば「どこでもオシッコ」が挙げられます。街角や公園では、地元の方が一生懸命植えた草花にオシッコをかけて枯らしてしまうこともあります。また、子供さんがゴロゴロしながら遊ぶ芝生の上でのオシッコも、世のお母さん達からはとても嫌われます。

犬にはマーキングという習性があるので、愛犬のオシッコは止められないと考える方が多いのですが、実は犬は走っている時とオスワリをしている時にはオシッコが出来ないのです。ということは、飼い主は、犬がオシッコをしても迷惑にならない場所まで、愛犬と一緒に走り、途中で止まった時はオスワリをさせておけば、愛犬のオシッコは止めることができるのです。

マナーを上手に守るコツを学んでみませんか?

【第10回】2019年9月21日(土)

13時~14時:「今から準備・老犬介護
14時~15時:個別相談会(健康やお手入れ方法、住環境などについて個別にアドバイス)

【第11回】2019年10月19日(土)

13時~14時:「お手入れと健康マッサージ
14時~15時:個別相談会(健康やお手入れ方法、住環境などについて個別にアドバイス)

【第12回】2019年11月16日

13時~14時:「冬場の注意(風邪と乾燥)
14時~15時:個別相談会(健康やお手入れ方法、住環境などについて個別にアドバイス)

ページ上部へ