6つの視点でモデルハウスを比較

6つの視点でモデルハウスを比べてみよう!

  • 安全性
  • エコロジー
  • 団らん
  • デザイン
  • 機能
  • アフターサービス

安全性Safety

瀬田会場

1.アキュラホーム

災害から家族の命を守る家

家の性能を計る共通のものさしとされる住宅性能評価制度において、耐震等級(損傷・倒壊)・耐風等級・劣化対策等級などの8項目中の7項目で最高等級3を獲得。震度7クラスの連続耐震実験でも損傷がないことを証明。その強さを証明した高性能住宅で、家族が安心・安全に暮らしていける家づくりをご提案していきます。

2.住友林業

木造軸組 マルチバランス工法

日本の伝統的な木造軸組構造に最新技術を組み合わせて進化させた木造軸組「マルチバランス工法」一邸ごとに最適基礎設計を行い、最先端の高品質集成材「スーパー檜」、面として力を発揮する「きづれパネル」「地震エネルギー吸収パネル」等を使用。設計の自由度を確保しながらも強い構造躯体の安全な住まいをつくります。

3.HEBEL HAUS(ヘーベルハウス)

会場唯一の重量鉄骨・コンクリート構造

重量鉄骨の骨組みに、コンクリートの外装材を使い、マンションと同じ構造を、戸建て住宅で実現します。3階建てを含む中高層建築物や、賃貸併用住宅の建築には必須の構造ですが、震災や水災時に、安心して在宅避難できるのが魅力です。

4.日本ハウスHD

バリアフリーはもちろん
1メーターモジュールの基準寸法で将来の安心を

日本ハウスの家づくりの基本寸法は1メーターモジュール、一般的には3尺(91センチ程)モジュールが多い中、この9センチ大きいモジュールを設定する事で、将来的な車いす生活はもちろん、小さな子供を抱えて階段を下りる時や子供たちの遊び場にしたりするなど子育てもしやすくなります。

5.アイ工務店

高強度なベタ基礎
最高ランク5倍耐力壁
耐震等級最高ランク

マイホームには、大切な家族や財産など守りたい物が多くあります。住まいを支える地盤・基礎から使用する木材、耐震性を向上させる接合金物・剛床構造・5倍耐力壁の採用など、様々な素材・手法で耐震性能を磨き上げ、住宅性能の耐震等級で最高ランクに対応。耐震性能に徹底的にこだわったマイホームづくりを実現します。

6.ミサワホーム

耐震や制震全半壊0は当然、地震後の補修費用も大幅削減

阪神大震災2倍のゆれにも耐える木質パネル工法。さらに、制震装置MGEO(エムジオ)を設置。外壁や窓が割れないのは当然、クロス割れもありません。

7.住友林業 東京テクノロジー展示場

木質梁勝ちラーメン構造 ビッグフレーム構法

日本初の木質梁勝ちラーメン構造となるオリジナル構法で耐力壁のかわりに構造を支える大断面集成柱「ビッグコラム」を採用し接合部はオリジナルBFジョイント金物による金物同士を緊結することで強靱な構造軀体を実現した構法です。

8.古河林業

国産材100% オール4寸骨太構造で安心な住まいをご提供します

古河林業の木造軸組工法は従来の「軸(骨組み)」による造りに加え「面(合板)」を併せ持った構造を採用しています。その中でも古河林業は「軸」の太さにこだわり、建物全体を骨太に造ることで耐震性・耐久性をはじめ様々な性能を高めています。

9.三菱地所ホーム

2×4工法

一般的な2×4工法の耐力壁は壁倍率4倍です。三菱地所ホームでは、その耐力を50%UPさせた壁倍率約6倍の独自開発耐力壁「ハイプロテクトウォール」を採用しています。この強靱な壁により、より自由な空間デザインを楽しみながら耐震等級3を確保し、世代を超えて末永く住み継がれる住まいを実現します。

10.オーガニック ガーデン アーキテクツ

三防震 木造軸組工法 ≪耐震・減震・免震≫
実大耐震実験にて証明

地震に対するひとつの指標として耐震等級がありますが、この耐震等級3を確保する耐震設計は今や必須です。木造構造物を分離して減震対策、基礎下で免震対策することで、地震発生時に建物の揺れを減らすことが被害を減らし、発生後の生活をも守ることにつながります。実大耐震実験で証明、熊本地震において検証されました。

11.一条工務店

2×6工法 木造軸組工法 東京大学との実験の歴史

東海地震が起こると言われている、静岡県浜松市で創業し、「地震に強い家づくり」をモットーに真面目に家づくりをしてきました。耐震等級3はもちろんですが、机上の空論だけではなく、実大実験で過去の地震はもちろん、これから起こるであろう地震の「予想波」を実験の建物に加え、お客様にご安心していただいております。

13.ウィザースホーム

ツーバイシックス工法の強靭さを活かした耐震性能

床・壁・天井を「面」で囲んだ6面体の強靭な「モノコック構造」により、地震や台風などの外力を建物全体でしっかりと受け止めます。それぞれの面は、面材と枠組材を一体化させた「ダイヤフラム」と呼ばれる強固な立体構造。地震や台風などの外力を各所へ分散することで建物の変形や倒壊を防ぎます。

15.AQ RESIDENCE

全棟構造計算実施 大開口・大空間の実現

AQレジデンスでは、一見木造住宅では不可能と思われる、大開口・大空間をモデルハウスで実現しています。他と一線を画すデザイン・設計を可能にするのは、『緻密な全棟構造計算』と『各方面の碩学のスキル・ノウハウ』の賜物です。

17.住友不動産

2×6工法 超断熱×超遮断

住友不動産の2×6(ツーバイシックス)工法は、元々断熱性・気密性に優れた2×4(ツーバイフォー)工法の外周壁を2×6壁とし、従来の約1.6倍の断熱材を充塡。さらに、透湿・防水・遮熱シートが熱の侵入を防ぎ、超断熱性能×超遮熱性能を実現します。

出展メーカー一覧Manufacturer

  • アキュラホーム
  • 住友林業
  • HEBEL HAUS(ヘーベルハウス)
  • 日本ハウスHD
  • アイ工務店
  • ミサワホーム
  • 古河林業
  • 三菱地所ホーム
  • オーガニック ガーデン アーキテクツ
  • 一条工務店
  • 桧家住宅
  • ウィザースホーム
  • AQ RESIDENCE
  • 住友不動産