私の折々のことばコンテスト2020

あなたの人生の折々で、心に響いた「ことば」と、そのエピソードをお寄せください。

「私の折々のことばコンテスト」とは

私の折々のことばコンテストは、哲学者の鷲田清一さんが、毎朝ひとつのことばをやさしく深く読み解く、朝日新聞1面コラム「折々のことば」にならい、みなさんの大切なことばを募る作文コンテストです。

応募するには?

中学生・高校生はどなたでもご応募いただけます

専用応募フォームに直接入力、または手書きの応募用紙をそのまま郵送か、PDFにしてメール送付で応募できます。

かんたん!
専用応募フォームから応募

応募用紙に書いた作文を
PDFにしてメール送付

応募用紙に書いた作文を
そのまま郵送

専用応募フォームから応募すると以下のようなメリットがあります!

  • PC・スマホ・タブレットからいつでも、どこでも応募できます。
  • 各審査終了後に審査経過がわかります。
    審査の流れ:1次審査→2次審査→3次審査→最終審査
    ※応募受付時の返信メールに『受付番号』を記載しています。各審査通過者の『受付番号』をこのサイトで発表します。
    ※1次審査通過作品は10月28日頃に発表する予定です。
    (最終審査で受賞した作品は作者名と学校名を朝日新聞とサイトで発表します)
  • 応募用紙を送付する手間と費用を節減できます。
専用フォームから応募

応募フォームは途中保存ができません。作文を完成してから入力することをお勧めします。
応募受付時の返信メールに『受付番号』を記載しています。各審査通過者の『受付番号』をこのサイトで発表します。

どんなふうに書けばいい?

書き方のヒント

どんな言葉にしよう、どこから書き始めようと迷ったときは、読んでみてください。
あくまで一つの参考例となりますので、言葉の選び方や、文章の構成・順序など、例にとらわれず自由に書いてみて下さい。

学校でもご活用いただいています

学校関係者様にコンテスト活用例のご紹介

先生方や受賞者が実際にどのように本コンテストをご活用されたか、実例やコンテスト事務局にお寄せいただいたお声を一部抜粋してご紹介いたします。自宅学習や課題、授業などにご活用ください。

2020年度受賞作品

2020年度最優秀賞
聖園女学院中学校 小倉蘭さん

※学年は2021年1月現在

専用フォームから応募

応募フォームは途中保存ができません。作文を完成してから入力することをお勧めします。
応募受付時の返信メールに『受付番号』を記載しています。各審査通過者の『受付番号』をこのサイトで発表します。

お問い合わせ

「私の折々のことばコンテスト」事務局
TEL 049-293-3668(土・日・祝日を除く午前10時~午後5時)
FAX 049-274-7815

PAGE TOP