私の折々のことばコンテスト

書き方のヒント

「私の折々のことば」の書き方例

どんな言葉にしよう、どこから書き始めようと迷ったときは、読んでみてください。

1.これまでで、印象に残って忘れられないことばや文章を一つ書いてください。

日常生活の中で、家族や友人、学校の先生などに言われた言葉で、心に残ったひとこと。本や、マンガ、歌の歌詞で気になったフレーズ、LINEで気になったり、嬉しかったメッセージなど、ありふれた言葉でも構いません。そのことばを誰が言ったかは次の欄に書いてください。

2.それは誰が言った(書いた)ことばですか?

本の登場人物であれば、その作品の名前、作者の名前も書いてください。

3.そのことばが印象に残っている理由、ことばにまつわるエピソード(200~300字)
  • どんなときに聞いた(読んだ、知った)言葉なのか、具体的なエピソードを思い出してみましょう。
  • その言葉がどんな意味を持つのか、それがどのように心に響いたか、なぜその言葉を選んだのかなどを考えてみましょう。
  • その言葉を聞いて、あなたの考えや行動が変わったり、あるいはその言葉に背中を押されたりしたことがあれば、書いてみてください。
  • 本を読んで初めて出会った言葉には意味もわからないのに何故か気になって、心から離れないものがあります。そんなときはその理由をよく考えてみましょう。理由がわかればそのまま書いてください。わからないときは、どのようなことを、どのように考えたのか、自分で考えたことを表現してみましょう。
  • 心に引っ掛かるけれど、自分の気持ちや行動にすんなり結びつかないときも、その理由を考えてみて、それでも答えが見つからなければ、その考えたことを結論としてもよいでしょう。

書き方サンプル

書き方の例はこちらをご参照ください。

サンプル1

サンプル2

ただし、あくまで一つの参考例となりますので、言葉の選び方や、文章の構成・順序など、
例にとらわれず自由に書いてみて下さい。

今年度の募集は締め切りました
<応募に関する注意事項>
必要事項はもれなくご記入ください。記入内容に不備がある場合、審査対象になりません。
応募作品は自作・未発表の個人の作品に限り、1人1作品のみといたします。
応募作品は返却いたしません。
応募いただいた作品のうち、入選作品の著作権は朝日新聞グループおよび株式会社Z会・株式会社栄光に帰属いたします。またそれらを各社の印刷物、ウェブサイトなどに使わせていただく場合があります。
審査状況・審査結果に関するお問い合わせには応じられません。
<個人情報のお取り扱いについて>

【1】「私の折々のことばコンテスト」(以下「本コンテスト」)でお預かりする個人情報は、株式会社朝日新聞社(以下「当社」)が取得して、本コンテストの提供・運営及び以下の利用目的で利用します。

(1)本コンテストに関するご連絡、賞品の発送
(2)本コンテストの改善や、新しい企画の開発などのための調査(アンケート送付などを含みます)・分析・統計情報の作成
(3)本コンテストの作品が書籍化される場合のご連絡・調整

当社は、お預かりした個人情報を法令及び個人情報保護方針等に従って安全かつ適切に 取り扱います。個人情報に関する問い合わせ・請求方法等につきましては、「個人情報について」をご覧ください。

【2】本コンテストでは、お預かりした個人情報については、当社のほか株式会社Z会、株式会社栄光もそれぞれ取得します。株式会社Z会及び株式会社栄光は、取得した個人 情報を、各社の個人情報保護方針・プライバシーポリシー等(株式会社Z会についてはZ会Webサイトを、株式会社栄光については栄光Webサイトをご覧ください)に従って自己の責任で取り扱い、下記の目的の範囲内で利用します。

(1)各社の商品・サービス・催事等のご案内(各社から案内メールを送付することを含みます)、お問い合わせ等への応答、請求資料の送付
(2)各社の商品・サービスの開発、改善のための調査・研究(アンケート送付などを含みます)

なお、株式会社Z会が取得した個人情報につきましては、株式会社Z会グループ企業において、共同利用いたします。

お問い合わせ

「私の折々のことばコンテスト」事務局
TEL 03-6715-1958(土・日・祝日を除く午前10時~午後5時)
FAX 050-3737-6764

PAGE TOP