朝日新聞社

お知らせ

2012年11月09日
入場者数が10万人を突破しました!

写真

本展の入場者数が会期33日目の9日、10万人を超えました。10万人目の横浜市都筑区の大学生松田優美さん(21)には、国立新美術館の青木保館長から、人気を集めるフリードリヒ・フォン・アメリング《マリー・フランツィスカ・リヒテンシュタイン侯女2歳の肖像》の複製画と展覧会図録が贈られました。松田さんは「開幕直後に来て、今日は2回目。最後の部屋に展示されているアメリングの絵が好きで、また見に来ました」と話していました。

これまでのお知らせ一覧

(c) LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna

このページの上部へ