南禅寺展 アサヒコム
前へ次へ
重要文化財 牡丹彫木漆塗大香合
重要文化財 牡丹彫木漆塗大香合
ぼたんちょうもく うるしぬりだい こうごう
木製漆塗 1合 径31.5センチ 高10.0センチ
室町時代・15世紀 京都・南禅寺蔵
※4月27日〜5月16日展示
木地を彫りこんで文様を表わし、漆を塗って仕上げる「鎌倉彫(かまくらぼり)」の大香合。中国の彫漆器(ちょうしつき)を模造するところから始まったこの技法は、香合など寺院の什器に時代の上がる例が多い。中でも最も大きく華麗な香合として有名な作品。
Copyright Asahi Shimbun.