南禅寺展 アサヒコム
開催概要 割引引換券 アクセスマップ 作品紹介 トピックス 関連イベント

トピックス

【南禅寺と石川五右衛門】

 南禅寺といえば、正面にそびえ立つ三門が思い浮かぶだろう。高さは22メートルにおよび、そこに登ると今でも京都の市中がよく見渡せる。寛永5年(1628)伊勢・伊賀の大名であった藤堂高虎(とうどうたかとら)が寄進したものである。この三門が特に有名なのは、天下の大盗賊として知られる石川五右衛門が棲んでいたという言い伝えがあるからである。歌舞伎の『楼門五三桐』(ろうもんごさんのきり)にその話が見え、さらに五右衛門が楼上で大きな鬘(まげ)に派手などてら姿で太い煙管(きせる)をくゆらせながら、「絶景かな、絶景かな」と大見得を切る場面が含まれる。実際には三門は五右衛門の死後に建立されたのでもちろん史実ではないが、この三門と五右衛門の組合せは絶妙といえる。

南禅寺展
このテーマを本でもっと詳しく⇒ アエラムック「歌舞伎がわかる」
吉田千秋写真集「歌舞伎座」

2004年4月6日(火)〜5月16日(日)
京都国立博物館(東山七条)


ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission