北海道むかわ町穂別で見つかった、全長8メートル以上の恐竜「むかわ竜」(通称)。大きさや体の骨の8割以上が発掘されたという規模から、「日本一の恐竜化石」と呼ばれます。約7200万年前の地層から発見された実物化石と全身復元骨格標本(レプリカ)が、地元むかわ町以外で初めて、7月13日から東京・上野の国立……[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます