ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET=メト)で上演される最新オペラを収録し、映画館で字幕付きで上映する「METライブビューイング」の新シーズンが始まった。音楽監督のヤニック・ネゼセガン指揮によるプッチーニ作曲「トゥーランドット」(東劇のみ28日まで、ほかは21日まで)や、29日から上映するマスネ作曲「マノン」=写真、©Marty Sohl/Metropolitan Opera=など、オペラの傑作を世界トップクラスの出演陣で届ける。高精細の映像と迫力の音響は映画館ならでは。舞台裏や歌手へのインタビュー映像も楽しめる。1作品3700円、学生2500円など。詳細は特設サイト(https://www.shochiku.co.jp/met/)。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます