デビュー50周年記念 萩尾望都 ポーの一族展

デビュー50周年記念 萩尾望都 ポーの一族展

「ポーの一族」を中心に
半世紀の軌跡をたどる原画展

少女マンガに革新をもたらした萩尾望都さんの代表作「ポーの一族」。バンパネラ(吸血鬼)の一族に加えられ、少年の姿のまま永遠の旅を続ける主人公・エドガーの哀しみを描いたこの作品は、1972年の第1作から多くの読者を魅了してきました。2016年に40年ぶりのシリーズ新作が発表され、2018年には宝塚歌劇団が満を持して舞台化するなど、今なお世代を超えて読み継がれています。

本展ではデビュー50周年を記念し、「ポーの一族」シリーズの新作や本展のための描き下ろしを含む原画、予告カットなど300点以上を展観します。さらに宝塚歌劇公演の衣装・小道具も特別展示し、夢のステージを再現します。また「トーマの心臓」をはじめとする名作の数々を紹介するほか、執筆風景なども公開し、他分野にも多大な影響を及ぼした「萩尾望都の世界」の魅力に迫ります。

撮影/横田紋子
PROFILE
萩尾望都
はぎお・もと
© 萩尾望都/小学館