asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
イベント情報 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  展覧会・博覧会  音楽・舞台・映像  スポーツ  講演・シンポジウム・セミナー  朝日新聞社の賞・コンクール  募集・その他            
  高校野球    
 home > イベント情報 > スポーツ  
 
都心初の市民参加フルマラソンに 第25回東京国際女子マラソン記念大会

谷川真理さん
谷川真理さん
高橋尚子選手
第25回記念大会に出場を予定する高橋尚子選手

 11月16日に東京・国立競技場発着で行われる第25回東京国際女子マラソン記念大会(日本陸上競技連盟、朝日新聞社、テレビ朝日主催、NTTドコモ協賛)は、男女一般ランナーが参加するマラソンが同時開催されます。来年1月の朝日新聞創刊125周年を記念する事業の一環で、都心を3000人が走る大規模なフルマラソンは初めての試みとなります。記録を狙うトップランナーがスタートしたあと、市民ランナーが同じコースを走るのは、ボストンやロンドンなどの世界の大都市マラソンと同じです。来年のアテネ五輪代表選考会を兼ね、2時間19分46秒の日本最高記録を持つ高橋尚子選手(スカイネットアジア航空)が参加を予定している今年の「東京」は、多くのマラソンランナーが待ち望んでいた「祭典」となります。

「都心走る喜び 応援の楽しさ」――91年大会優勝の谷川真理さんに聞く

 都心の広い道路を思い切り走れる。ランナーにとってこんなにうれしいことはありません。東京国際女子マラソンで、男女参加の市民マラソンが同時に開かれると聞いて、特に男性の方は「出たい」と張り切るでしょう。申込期限までに3時間15分の参加資格をクリアしようと頑張る人がたくさんいると思いますよ。

参加者が増えるので、沿道で応援する人もたくさん来るでしょう。地方の大会だと人がまばらな場所を走ることがありますが、切れ目のない応援の声の中を走れるのはすごく励みになる。

 応援する人も楽しいですよ。トップランナーが目の前を通過する時は、そのスピードの速さやフォームの美しさに驚くでしょう。その後は市民ランナーたちがやって来ます。体形が少しふっくらした人や年齢が上の方もいる。でも一生懸命走る姿を見れば「自分も頑張らないと」という勇気をもらえます。

東京を9回走った経験からいうと、最初の6キロまで下り坂だからといって飛ばしてはだめです。そこは帰りは上り坂で、いつもきつかった。だから折り返しまではペースを抑えて走ることをお薦めします。道幅が広いのでカーブでは最短距離を走るように心がけることも大切です。

 一線を退いて海外を含む市民大会に参加するようになって、いつも感心するのは給水などをしてくれるボランティアの存在です。彼らのような人がいるからこそ、選手はレースで力を出せる。五輪を目指し自分中心に考えていたころは見えなかったものです。

今回を機にぜひ市民マラソンも続けてほしい。海外では車いすレースも同時開催するケースが多い。目の不自由な人など障害者も参加できるようになれば、さらに大きな輪が生まれると思います。

第25回東京国際女子マラソン記念大会要項

◇参加資格 大会当日満19歳以上の日本陸上競技連盟03年度登記・登録者で、01年11月1日以降に同連盟公認の(1)マラソンで3時間15分以内(2)30キロ、3万メートルで2時間13分以内(3)ハーフマラソンで1時間30分以内(4)20キロ、2万メートルで1時間25分以内(5)10キロ、1万メートルで35分以内の記録を持つ人と、同連盟の推薦競技者

◇参加定員 300人

◇参加費 5000円

◇申し込み 所属都道府県陸上競技協会の承認を受けて、8月20日から9月20日までに、〒150・0001 東京都渋谷区神宮前2の13の16の101、東京陸上競技協会「東京国際女子マラソン大会事務局」(03・5411・7050)へ。申込者多数の場合は、参加資格の記録上位者を優先して主催者が選考、決定する。選考から漏れた申込者で記念市民マラソンへの出場を希望する者は優先的に出場できる。

市民参加フルマラソン大会要項

◇参加資格 大会当日満19歳以上で、01年11月1日以降に【女子】(1)マラソンで3時間30分以内(2)30キロ、3万メートルで2時間20分以内(3)ハーフマラソンで1時間35分以内(4)20キロ、2万メートルで1時間30分以内【男子】(1)マラソンで2時間30分〜3時間15分以内(2)30キロ、3万メートルで1時間42分〜2時間12分以内(3)ハーフマラソンで1時間10分〜1時間30分以内(4)20キロ、2万メートルで1時間5分〜1時間25分以内の記録を持つ人と、主催者の推薦競技者。日本陸上競技連盟への登録、未登録は問わない。

◇参加定員 男女計2700人

◇参加費 5000円

◇申込書請求 80円切手をはった返信用封筒を同封し、〒104・8011(住所不要)朝日新聞社事業本部メセナ・スポーツ部内「マラソン事務局」(03・3542・2682、土、日、祝日を除く午前10時30分〜午後5時)へ

◇申し込み 所定の申込用紙で、8月20日から9月20日までに、朝日新聞社マラソン事務局へ。申込者多数の場合はマラソンの記録上位者から優先して主催者が選考し、決定。9月末までに申込者全員に、出場の可否を連絡する。 (07/09)




 関連情報  







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission