現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. 週刊「シェフ7人のおうちレシピ」特集
  5. 記事

牛肉とタマネギの炒めもの 中華・陳 建一

2008年4月22日

写真

下味をつけた牛肉は焦げやすいので、菜箸などで肉を広げてほぐしながら手早く炒める。

写真

牛肉とタマネギの炒めもの

<作り方>

(1)牛モモ肉は幅5ミリくらいの細切りにして、ボウルに入れる。下味の材料を加え、もみ込むように混ぜ合わせる。

(2)タマネギは縦半分に切って、外側の中央に繊維に沿って浅い切り目を1本入れる。その後、繊維と直角に幅5ミリに切り、手でほぐしておく。

(3)ワケギは小口切りにする。ショウガは4ミリ角ほどに切ってから薄切りにする。

(4)ボウルに合わせ調味料の材料を入れて、混ぜ合わせる。

(5)中華鍋を熱し、サラダ油大さじ1を入れてなじませ、1の牛肉を入れて菜箸などでほぐしながら中火で炒め、八分通り火が通ったら、とり出す。

(6)5の中華鍋にサラダ油大さじ2を足し、2のタマネギを入れて透き通るまで炒め、3のワケギとショウガを加えてさっと炒める。

(7)6に5の牛肉を戻し入れ、4の合わせ調味料をよくかき混ぜてから少しずつ加え、中火でからめる。

<プロのひとこと!!>

タマネギの幅と長さをできるだけそろえて切ることで、炒めたときに均一に火が通り、見た目もきれいに仕上がります。

材料

2〜3人分 調理時間 20分

牛モモ肉(薄切り) 200グラム、下味(塩 小さじ1/4、紹興酒 大さじ1、しょうゆ 小さじ1、コショウ 少々、水溶き片栗粉 大さじ2)タマネギ 中1個、ワケギ 3本、ショウガ 1かけ、合わせ調味料(紹興酒 大さじ1、砂糖 小さじ1、しょうゆ 大さじ1、オイスターソース 大さじ1/4、コショウ・うまみ調味料 各少々、中華スープ 大さじ2、水溶き片栗粉 大さじ1)サラダ油 大さじ3

★中華スープは、市販の顆粒スープの素を表示どおり溶いたもの。

★水溶き片栗粉は、片栗粉と水を1:1の割合で溶き混ぜたもの。

プロフィール

中華 陳 建一(四川飯店) ちん けんいち O型・山羊座
四川飯店グループ代表。四川料理の魅力を日本に広めた父・故陳建民のもとで修業を積む。四川料理の伝統を大切にし、常に新しい味を探求。創造的なオリジナルメニューを次々と提案している。

BOOK情報

シェフ7人のおうちレシピ
週刊「シェフ7人のおうちレシピ」(朝日新聞出版)は、和・洋・中の7人のシェフ直伝のレシピを毎週21品掲載しています。アサヒ・コムでは、発売号の中から毎週1品を選び、レシピをご紹介します。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

フード・ドリンク

写真

おとりよせで楽しむこだわりの漬け物(06/03)

ご飯のお供にうれしい漬け物。心がほっとする手作り品や豪華なセットなど、こだわりの一品を取り寄せよう。

写真

つけめん、そば、うどんなど夏のめん類!(05/27)

熱々のスープで楽しむめん類もいいけれど、これからの季節はサッパリした冷たいめんを楽しみたい!