現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. デパ地下ツアー
  6. 記事

デパ地下ツアー

濃い口トマト 後味さっぱり ■近鉄百貨店阿倍野本店

2011年12月26日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:「明宝(めいほう)トマトケチャップ」拡大「明宝(めいほう)トマトケチャップ」

 お取り寄せで人気の「明宝(めいほう)トマトケチャップ」が、地下2階デイリーマートで30〜40代を中心に好調な売れ行きだ。同店の湯瀬光一さんは「普段とちょっと違う味や質の調味料にニーズがある」と話す。

 スプーンですくってみると、質感は裏ごしトマトに近い。生産者は岐阜県郡上市(ぐじょうし)明宝の農家の女性たちで、1日800〜2400本が限度という。桃太郎を中心とした地元産トマトを約5時間かけて煮詰め、特有の酸味と凝縮した濃厚な甘さが特徴。後をひかないさっぱり感もあり、飽きがこない。

 「オムライスが“おぼれるほど”たっぷりかけてもいいし、ロールキャベツや洋風鍋にしたらスープも飲み干したくなりますよ」1瓶300グラム、525円。

(アサヒ・ファミリー・ニュース社 田中智子)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。
  • ポンパレ

フード・ドリンク

写真

冬にウレシイ!あつあつラーメン(12/20)

できたてアツアツ、一杯のラーメンで師走の寒さよ、さようなら! 本場の味にこだわった全国各地から届く個性的なご当地ラーメンや、プレミアムと名のつく一度は試してみたい高級坦々めん、トマトのさわやかな酸味が新感覚のトマトラーメンなど、身も心も満足のおいしいラーメンが勢ぞろい。

写真

激辛料理で体の中からホットに! 唐辛子パワーを味わい尽くす激辛料理(12/13)

いよいよ本格的な冬が到来、寒さで凍える体を唐辛子パワーで温めよう! 思わず叫びたくなるほどの激辛カレーや、特上ホルモンをコチュジャンスープで煮込む辛味鍋、真っ赤な激辛めんなど、激辛料理の精鋭が勢ぞろい。後を引く辛さで食欲も増進、体もホカホカ温まること間違い無し。冬の食卓に最適な一品をどうぞ。