現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. デパ地下ツアー
  6. 記事

デパ地下ツアー

香りがふんわり 料亭さくら御飯 ■阪急うめだ本店

2012年3月19日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:「さくら御飯の素」拡大「さくら御飯の素」

 春の訪れを感じさせてくれる桜色のごはん。金沢市の老舗料亭「浅田屋」の「さくら御飯(ごはん)の素」で炊いた「さくら御飯」だ。

 要するに、カットされた軟らかな桜の花と葉の塩漬けが入った「料亭の一番だし」だが、素材の香りを生かすためカツオ節は使わず、金沢の天然水とこだわりの昆布でだしをひき、化学調味料も保存料も使わない。

 炊き上がりは塩味がきいて桜餅のような香りがふんわり。別添えの桜の花の塩漬けを塩抜きし、上に飾って完成。入学や誕生日のお祝いなど華やかな気分が似合う席にも喜ばれそうだ。

 2合炊き452円。4月下旬まで販売予定だが、なくなれば終了。賞味期限は常温保存・未開封で3カ月。

(アサヒ・ファミリー・ニュース社 江口佳代)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。
  • ポンパレ

フード・ドリンク

写真

春を味わうお花見スイーツ(3/13)

肌寒い風の中にも春の気配を感じられるこの季節、一足お先にお花見スイーツを食べて、春気分を楽しんでみてはいかが? 定番の3色だんごをはじめ、桜花をかたどった最中や、花をそのまま使ったゼリーなど、春らんまんの工夫が凝らされた逸品が勢ぞろい! 見た目のかわいらしさに加え、その味や香りにワクワクドキドキ。ひと口食べれば、春の日差しのような朗らかな気持ちになれるはず。

極上の豆腐をお取り寄せ!(3/6)

栄養価が高いのに、カロリーは控えめ。畑の肉ともいわれる大豆から作る「豆腐」は、今や世界的な人気を誇る優れた食材だ。今回は原料や製法にこだわった定番の絹ごし豆腐をはじめ、島豆腐や豆腐のみそ漬けなど珍味もご紹介。そのまま薬味としょう油で、煮込んで鍋や湯豆腐で、ほかの食材と合わせていためものや焼きもので、和洋中さまざまなレシピでご賞味あれ!