写真・図版

発疹チフス感染拡大防止のために横浜・桜木町駅で行われた、DDT(虱〈しらみ〉駆除剤)散布。粉状の薬剤を女性(中央)の服の袖口から吹き付けている。DDTは連合国軍が持ち込み、散布には憲兵隊(MP)も出動した=1946年3月ごろ、神奈川県横浜市の桜木町駅

写真・図版

  • 前へ
  • 次へ

発疹チフス感染拡大防止のために横浜・桜木町駅で行われた、DDT(虱〈しらみ〉駆除剤)散布。粉状の薬剤を女性(中央)の服の袖口から吹き付けている。DDTは連合国軍が持ち込み、散布には憲兵隊(MP)も出動した=1946年3月ごろ、神奈川県横浜市の桜木町駅

[ 1/15 ]

  • 前へ
  • 次へ