写真・図版

2017年春に避難指示が解除された浪江町谷津田地区。帰還困難区域に囲まれ、戻った住民はほとんどいないが農地を転用したメガソーラー(88ha)の中に残る墓地にはお彼岸やお盆に墓参する人が絶えない。区長の原田栄さん(68)は「メガソーラーは地域を守るための苦肉の策。基本的には農業を再開したかったが、今も水路が復旧していない。借地料が入り環境保全で雇用が生まれ、土地を負の遺産にせず次の世代に引き継げる」と説明する。先祖代々のお墓はそのまま残した=2020年9月19日、浪江町

写真・図版

  • 前へ
  • 次へ

2017年春に避難指示が解除された浪江町谷津田地区。帰還困難区域に囲まれ、戻った住民はほとんどいないが農地を転用したメガソーラー(88ha)の中に残る墓地にはお彼岸やお盆に墓参する人が絶えない。区長の原田栄さん(68)は「メガソーラーは地域を守るための苦肉の策。基本的には農業を再開したかったが、今も水路が復旧していない。借地料が入り環境保全で雇用が生まれ、土地を負の遺産にせず次の世代に引き継げる」と説明する。先祖代々のお墓はそのまま残した=2020年9月19日、浪江町

[ 1/16 ]

  • 前へ
  • 次へ