asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
国際 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  人民日報  ニュース特集  ASIA NETWORK  WORLD WATCH 
 
 
 
  home >国際 >AAN    
The Asahi Shimbun Asia Network
 ホーム | 一線から | コラム | アジア人記者の目 | AAN発 | 書評 | リンク | English
AAN発
アジア、朝鮮半島そして日本
孔魯明AAN新会長に聞く

アジア安保 米中視野に

アジアの情報と人の交流の場を目指す朝日新聞アジアネットワーク(AAN)の新しい会長に、今月から韓国元外相の孔魯明(コン・ノミョン)氏(71)=東国大学日本学研究所長=が就いた。国外から初の会長を迎えたのを機に、外交官や外相経験に基づいた対アジア・日本観を聞いた。(聞き手=ソウル支局長・市川速水)

孔魯明
AAN会長に就任した孔魯明・韓国元外相=ソウルの東国大学で、市川写す

6者協議「解決の車輪」

--アジアの平和維持のために必要なことは何だと考えますか。

最も重要な枠組みは、安全保障でしょう。アジア全体で共同の繁栄を目指すには、相互の安保問題を揺るがせてはならない。一方で、アジア安保を語る時、これまで最大の役割を果たしてきた国は? と問われれば、それは、アジアではない。米国でしょう。

ブッシュ政権に限らず、米国は戦後、常にアジアの秩序の均衡を保つ役目を担ってきた。米国の存在感がない状況は想像すらできない。その米国は今、在外米軍の前線配置から再配備・縮小への過程にある。それが安保問題を変える要素、変数になる。米国を視野に入れなければアジアの未来を語ることもできない。

もう一人の主役は中国です。中国の政治や経済、軍事政策が変更されれば、アジアのムードが変わる。特に米国との関係が危うくなった場合、北東アジア全体に緊張が生まれるでしょう。

その中国も単独では行動できないし、すでに米国、韓国、日本と深いかかわりを持っている。韓国も日本も、米中間に溝ができた時には間に立って両者に積極的に働きかけなければならない。

--最近の大きな変数は北朝鮮の核問題ですね。

北朝鮮が核放棄の意思を見せない今のままでは「手をつないで共に歩きましょう」と言っても応じてくれないし、ばっさり切り捨てることもできない。核開発や大量破壊兵器問題の解決は、北朝鮮をどう北東アジアの国際社会の秩序の中に入り込ませるかにかかっている。それ以外の方法はありません。

米中朝日韓ロの6者協議は、解決へ向けた車の車輪になればいいと願っています。特に中国とロシアという強国の加入は評価できる。従来のアプローチではなかった対話の枠組みです。

しかし、北朝鮮は今、1対5の駆け引きをしようとしている。中ロに対しても、米国と一緒になって痛めつけられるのではないかと疑心暗鬼になっている。私自身は楽観的ではない。 vただ、希望もある。当初、対話を拒否していた米国が、徐々に安全の保証まで口にするようになった。外交というものは生身のもの。私の外相や駐日大使の経験からもそう言えます。ある違う局面を迎えれば、事態が一つ一つ転がることもある。例えば日朝関係も、今は拉致問題で、にっちもさっちもいかないが、拉致被害者5人の家族が日本に帰ったりすれば、新たな局面を迎えるのではないか。逆に核問題の進展から拉致問題が動く可能性もあるでしょう。

地道な歴史共同研究を

--韓国外相時代の95年に戦後50年と日韓国交正常化30年の節目を迎えましたが。

対日関係を振り返ると、絶えず「過去の亡霊」に引っ張られた思いがあります。例えば駐日大使時代、日韓議員連盟会長だった故竹下元首相から「日中国交正常化20周年でも節目の事業をした。100億円ぐらいで何かやろうや」と言われ、何かしたいと考えていたら、日本はそれどころではない。国会決議をするとかしないとか、村山首相談話の内容とか、独島(竹島)の領土問題も蒸し返されて。

でも、同年末のアジア太平洋経済協力会議(APEC)の日韓首脳会談で、歴史共同研究の推進が正式に取り上げられた。今も続いているでしょう。こういうことを地道に続けるしかない。

--日韓の歴史認識のずれをどう考えますか。

毎年、8月15日が来ると、憂鬱(ゆううつ)になります。韓国や中国では戦勝国的なお祝いの日ですが、日本では、靖国神社を国会議員や大臣が参拝する。民族主義のぶつかり合い。私は、日本が再び軍国主義化しつつあるとは思わないが、たまに顔を出すとすれば、その触媒になるのが靖国神社でしょう。

北京の歴史博物館などに行って目に入る看板に「前事不忘、後事之師」というのがあります。過去を忘れず未来への戒めとするという意味ですが、やはり過去はなかなか忘れることができないともいえます。

日本の考え方からすれば、「靖国で会おう」と言って亡くなっていった人を祀(まつ)る靖国をとやかく言われたくない心境も当然です。しかし、日本に問われるのは、A級戦犯を祀る靖国に嫌な思いの残るアジアを少しでも振り向くか、無視するかでしょう。

靖国に代わる追悼施設について福田官房長官の諮問機関が昨年末、「国立の無宗教の戦没者追悼施設が必要」という報告書を出しましたが、すぐさま政界の実力者らがダメだと言って、見通しが立たない。外国からの賓客が表敬訪問できる追悼施設ができればいいと思います。

中国は今、第4世代といわれる新勢力が政治の中心になり、韓国も「386世代」と呼ばれる30〜40代が社会の主流になりつつある。植民地支配にしろ、慰安婦問題にしろ、戦争の記憶が残る被害者の生存中に解決されるのが望ましいのですが。

--アジアの将来像をどう描きますか。

現代史の中では、日本の存在が大きく、「共存繁栄のための先達」であると同時に、苦い結果を招きました。18〜19世紀に西洋から新たな文明が東洋に来て、日本は西洋文明の取り込みで一歩先んじた。韓国、中国などは、日本をモデルに自国の発展を目指した。

日本にも当時は、アジア全体の繁栄を願う人たちがいた。しかし、その終着点は何だったでしょう。覇権主義であり、朝鮮半島や台湾の植民地化でした。アジアの期待は裏切られた。

その激動期で個人的に連想するのは、明治維新の元勲、伊藤博文を中国・ハルビンで暗殺した安重根(アン・ジュングン)義士です。安は、収監された旅順の監獄で「東亜平和論」を語ったことがあります。

韓国とか中国に押し寄せる欧州の勢いにどう対応し、東洋の平和と独立を守るか。旅順は、ロシアが中国から租借していたが、日露戦争で勝った日本が取り上げた。そんな奪い合いはやめて、日中韓3カ国の共同管理下に置こう、共通の通貨もつくって、3国の人々が意思疎通できるように若者に言葉を教えよう、という話です。

ほかに非現実的なことも言っているが、この部分はアジアが求める姿と共通する面もある。今の日中韓の自由貿易協定(FTA)構想や欧州連合(EU)のような考え方が含まれている。

新聞の強み 信じる

--AANの新会長としての抱負は。

新聞の持つ強みと、人のつながりを大事にしたい。新聞の情報力と、その伝播(でんぱ)力は相当なものだと信じている。早く効果的に、時々の問題をどう見るか、どう対応すべきか、最高の方法を探るのが新聞でしょう。その意味で、AANはどんな研究機関よりも優れた面があると思っている。

また、外交も政治も社会も、人間が動かすということ。ある歴史家が言ったことですが「地理(場所)は歴史の舞台を提供するが、歴史をつくるのは人間である」。その通り。アジア各国で将来、オピニオンリーダーとなる人、ジャーナリスト、政府関係者、AANのネットワークを使って共通の問題意識を深めていきたい。

アジアは広い。モンゴルやベトナムにも関心がある。大国インドネシアも。そこまで広げて考えるべきだが、まずは北東アジアを中心に押さえていきたいと思います。

* * *孔魯明氏の横顔

現実主義の日本通

「私の外交官や長官(大臣)時代の過去は非常にナマぐさい。理想も大事だが、最高の善を追求したら何もできない。実際の現象への対処に終始した」。韓国屈指のアジア通、日本通として知られる孔氏は、政治的には中立、現実主義を貫いてきた。

日本の植民地統治下で日本語を習い、韓国語を勉強したのは、小1までの幼少と中1で迎えた終戦後だった。外交官書記官時代に日韓正常化交渉にもかかわった。ブラジル大使、ニューヨーク総領事、初代ロシア大使などを歴任、93〜94年に駐日大使を務めた後、金泳三(キム・ヨンサム)政権で外相に抜擢(ばってき)され、96年まで務めた。

慰安婦問題で、日本が市民基金で被害者へ一時金を支給する打開策を打ち出した時には「公的補償の形を取らない基金は韓国国民の理解を得られない」と支持しなかった。半面、新ガイドライン関連法成立(99年)では「日米安保条約を補完するのが目的で、恩恵を受けるのは韓国であることを理解したうえで問題点を考えるべきだ」と発言。日韓双方の国民感情に配慮しつつ、偏見や暴言に批判も加えてきた。

現在はソウル市にある東国大学日本学研究所長のほか、日韓フォーラム韓国側議長も務める。

▼バックナンバーへ

| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission