asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
国際 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  人民日報  ニュース特集  ASIA NETWORK  WORLD WATCH 
 
 
 
  home >国際 >AAN    
The Asahi Shimbun Asia Network
 ホーム | 一線から | コラム | アジア人記者の目 | AAN発 | 書評 | リンク | English
AAN発
環境と農村・都市の持続的発展 農村編(上)
ベトナム

複合農業で効率よく

内山幸男
編集委員(AAN研究員)

map

村の市場を抜けたところが、船だまりだった。メコン川からやってきた茶色の水が足元を洗う。小舟はいくつも枝分かれした水路を進む。土手にはニッパヤシやバナナ、岸辺にはホテイアオイが浮かぶ。へさきを土手に乗り上げ、舟を下りた。そこがめざす農家の庭先だった。

ベトナム・メコンデルタの中心都市カントーの南にあるタン・フータン村。メコン川の水が縦横に走る水郷だ。

この地域では近年、VACR農業システムという循環型農業が広がっている。国際農林水産業研究センター(JIRCAS)の渡辺武主任研究官は「世界でも窒素循環がうまくいっている地域の一つだ」と評価する。

Vは裏庭での果樹栽培、Aは池での魚養殖、Cは豚やアヒルなどの家畜飼育、Rは稲作を意味する。くず米や米ぬかを豚のえさにし、豚のふんは池の魚のえさになる。池の泥は毎年さらって果樹の肥料に―。農家の窒素資源を効率よく使い、化学肥料や農薬を減らす小規模複合農業だ。

養魚池の隣に豚小屋。VACR農業システムの典型的な配置だ
養魚池の隣に豚小屋。VACR農業システムの典型的な配置だ(タン・フータン村、グエン・ベン・ウットさん方で、内山写す)

今年からナマズとティラピアの養殖と養豚を始めたダン・ベン・クアンさん(46)は「知人がもうかっているのをみて始めた」という。3頭のブタは妻マイさん(50)が世話をしている。「もうかったら、家をれんがにしたい」。ニッパヤシの葉でふいた屋根を見上げて言った。

果樹農家のグエン・ベン・ウットさん(47)の家では、VACRとセットで推奨されているバイオガス発生装置を2年前につけた。「ブタの糞尿は、発酵させてから流した方が、池の水をきれいにできるからね」

値段は日本円で約4500円、寿命は4、5年。安くはないが、結構火力も強い。「まきよりずっと便利だ。次も作るつもりだよ」

VACRは、地元のカントー大学農業システム研究所などが、伝統農業を参考に、農家の収入増と環境保全を同時に満たすシステムとして研究開発した。90年代から普及を進めており、今ではメコンデルタの3割の農家が採用していると推定されている。

「貧しい小規模農民のための農業システム。うまくいけば、手取り収入が2倍になる」。早くから開発に取り組んできたアンザン大学のボー・トン・スワン学長はいう。

環境面はどうか。渡辺主任研究官が99年の窒素循環を調べたところ、外からは化学肥料やわずかな飼料の窒素が持ち込まれるだけで、最終的に農地に残る窒素は1ヘクタール当たり39キロ。畜産からの窒素だけで150キロという日本とくらべてはるかにうまく循環していた。

VACRは、家族旅行に行くこともなく、暗いうちから起きて働く農民によって支えられている。人々がもっと豊かになってもこれを続けてくれるだろうか。政府の畜産拡大計画もある。VACRが将来も安泰かどうかは分からない。

▼環境と農村・都市の持続的発展 農村編(上) 目次へ

| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission