現在位置 : asahi.com > 国際 > AAN ここから本文エリア

The Asahi Shimbun Asia Network
 ホーム | 一線から | コラム | アジア人記者の目 | AAN発 | 書評 | リンク | English
AAN発
日中韓合同シンポジウム



合同シンポ「東アジアと米国」

「政冷経熱」の日・中韓 和解し米と向き合う時


日本と中国、韓国との政治関係は冷え込んだままだが、実体経済を中心にアジア統合の動きは止まらない。この状況下で3カ国は唯一の超大国・米国とどう折り合うべきか――朝日新聞アジアネットワーク(AAN)、韓国の東亜日報21世紀平和研究所(PEACE21)、中国現代国際関係研究院(CICIR)は5月20日に、合同シンポジウム「東アジアと米国――唯一の超大国とどう付き合う?」を朝日新聞東京本社内で開いた。合同シンポは今回で4回目。内外の専門家、識者たちが、「政治・安全保障」と「経済」の視点から、会場参加者を交え論じ合った。


<パネリスト=報告順>
■政治・安全保障の視点から
 崔  立如氏       《中国現代国際関係研究院院長》
 権  万学氏       《韓国・慶熙大学教授》
 高原 明生氏       《東京大学教授》
 ジェラルド・カーティス氏 《米コロンビア大学教授》

■経済の視点から
 韓  昇洙氏       《元韓国外交通商相》
 劉  軍紅氏       《中国現代国際関係研究院 日本研究所助教授》
 榊原 英資氏       《早稲田大学教授》
 ケント・カルダー氏    《米ライシャワー東アジア研究所長》

 【司会】
 若宮 啓文 ・朝日新聞論説主幹
 高成田 享 ・朝日新聞論説委員


 

◆政治・安全保障の視点から
二つの大国、競争と協力続く   崔 立如
先制攻撃主義が不安定要因   権 万学
中国と共生し安保協議を深めよ   高原 明生
共和も民主も戦略に大差なし   ジェラルド・カーティス

◆経済の視点から
緩やかな統合に米の参加を   韓 昇洙
対ドル 将来の通貨体制考えよ   劉 軍紅
「ドル支配」変わる可能性ある   榊原 英資
環太平洋でのFTAも必要   ケント・カルダー

◆全体討論

◆シンポジウムに参加して   若宮 啓文


2006年6月7日


▼ バックナンバーへ

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.