Top
朝日新聞社 www.asahi.com ENGLISH
asahi.com
home  > 国際  > AAN  > 

The Asahi Shimbun Asia Network
 ホーム | 今週のコラム | AAN発 | 年間リポート | アジア人記者の目 | リンク | English
アジア人記者の目
AANで研修をしているアジア人記者が本国に送った記事などです
日本のIT革命どこに
シリポン・ウィタヤウィロート
客員研究員(タイ)

 私の専門分野の1つであるIT(情報技術)について、日本で取材した印象を報告したい。

 よく知られている通り、iモードは急速に成長し、日本のインターネット利用者は一年で倍増している。目を見張ることで、欧米メディアはこれを新しいIT革命と呼んでいる。なぜなら欧米でのIT革命はデスクトップのコンピューターから始まったが、日本では携帯電話から始まったといえるからだ。

 しかし、これは大げさな報道ではないかと思う。iモードは携帯電話を限られた方法でサイトを見る「ウェッブ電話」にした。若い人はメールの送受信に利用し、ビジネスマンは株式市場を頻繁にチェックしている。

 しかし、これが革命といえるのだろうか。実際には若い人たちにどんどんお金を使わせているだけ、という面がある。

 私はiモードに反対しているわけではない。ある分野では役に立ち、大変便利だ。だが、この装置には限界があり、新しいものや革新的なものは出てこない。日常生活を便利にし、友人や同僚との連絡を一層容易にさせるだけだ。

 本当のIT革命は、人々がITの使い方を完全に理解して初めてやって来るだろう。だが、今のところ、日本にはそんな兆しはないように見える。

 例えば、私が説明するITの一形態が、日本ではなかなか分かってもらえない。私はほぼ毎日、タイにいる家族とインターネット上で話をしたが、国際電話代は全くかからない。インターネットを通じた会話、ボイストークなのだが、こう説明をしてもピンとこない人が多い。

 ICQ(アイ・シーク・ユー=あなたを捜します)と呼ばれるこの種のソフトをインストールしさえすれば、簡単にこの機能が使える。私は仕事でも使っているし、バンコクにいる私の友人は、これを利用して会社の会議に参加している。

 ITは沖縄サミットでも日本の発案で中心議題になったが、目新しい内容はなかった。電子商取引や、情報技術分野の格差(デジタルデバイド)といった言葉が強調されたが、発展途上国でITを促進すればするほど、デジタルデバイドは拡大するだろう。世界の人々は本当の価値以上にITを過大評価している。ITは手段であって、目的ではない。もし、幸せな生活が目的なら、IT以外にもっと多くの手段がある。

 そんな中で、欧米メディアのいう「日本のIT革命」は今どういう状況にあるのか、なかなか考えを整理できないでいる。

2000年9月4日
▼バックナンバーへ

Homeへ | 画面上へ