asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
国際 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  速報ニュース  人民日報  ASIA NETWORK  WORLD WATCH    ニュース特集 
 
 
 
  home >国際 >AAN    
The Asahi Shimbun Asia Network
 ホーム | 一線から | コラム | アジア人記者の目 | AAN発 | 書評 | リンク | English
書評
アジア関連書籍の紹介です
『東アジア・イデオロギーを超えて』 古田博司著 新書館 2400円

地域の連帯に共通の基盤はあるのか

東アジアの地域統合や東アジア諸国の連携を説く論者は多い。しかし、そのための共通の思想的文化的基盤はあるのだろうか。

著者は東アジアの特徴を、儒教を副次的要素とする中華思想を分有することだと考える。それは、共通の文化的伝統ではあるが、相互の連帯を阻害する方向に作用する。中華思想とは、いうまでもなく、自国が世界の中心とし、他を野蛮と見る思想である。そういう思想は世界中にある。中国の中華思想の特色は、礼を重視することである。

礼とは、忠や孝のような徳目を表現するためのマナーのことである。たとえば士大夫(したいふ)が父の喪に服する場合、もがり前には、藁(わら)小屋に住み、土の塊を枕に、こもに寝て、昼夜の別なく哭(な)き、水物を口に入れないとされる。それが礼であり、文明の証しであった。

中華思想は東アジアに広がった。べトナムは15世紀になると、自らを中国(北国)と対等の南国であるとし、ラオスやカンボジアに対して中華思想で臨んだ。朝鮮でも17世紀には自らを小中華と位置づける思想が登場し、日本などは野蛮な夷狄(いてき)だと見るようになった。とくに礼を重視した朝鮮から見れば、ちょんまげ、褌(ふんどし)の日本は最悪だった。一方、日本では、礼ではなく、天下泰平を誇りとする皇国思想が、江戸時代に発展した。

このような東アジア世界で、礼軽視の日本が大陸に膨張したのだから、問題は複雑かつ深刻だった。一方で日本のアジア主義者たちがなぜ挫折し続けたかも、連帯感と優越感の交錯という点から、分析されている。

著者は、今日の東アジア連帯の思想にも疑問を投げかける。日本のナショナリズムに対して批判的なのに、韓国や中国のナショナリズムには無批判ではないか。東アジアに自然な連帯の条件があると考えるのは幻想ではないか。そんなものは存在せず、むしろ阻害条件が存在する。そういう事実を直視することが必要だと著者は述べている。傾聴すべき意見である。中華思想をてがかりに北朝鮮を分析した論考も大変面白い。

評者・北岡伸一(東京大教授)
▼バックナンバーへ

| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission